軍靴のバルツァー 1巻 軍事教官として派遣された青年将校の波乱な日々

gunka110713
『月刊コミック@バンチ』連載、「軍靴のバルツァー」の1巻です。
内容は全く知らずにタイトルと表紙からして軍事ものだなー思って買ってみたところなかなか面白い。19世紀の欧州の軍事大国に属するエリート将校、ベルント・バルツァー少佐の新たな任務は学校の先生だった! といっても新たに同盟国となった後進国の、士官学校の教育係として。
来てみたらその田舎っぷりに驚かされます。軍はあるものの戦争とは縁遠い国なので、平和慣れした学校の風潮。こんな中でバルツァー少佐がいかに生徒たちを教育していくかという展開です。
gunka110713-
先ず驚いたのは緻密な絵柄。大砲や銃の弾ごめ手順をキチンと描いてるのはあまり見ませんよ。漫画家の中島三千恒さんを調べたところ今まで三国志関連をメインに仕事をしてたようで、銃器の資料がさぞ豊富なんでしょう。

新しい風を吹き込むからには衝突することもしばしば。砲撃訓練した際に市民の抗議行動が起きるのですが どうやらこれには軍事化をよく思わないない裏組織が絡んでいることを突き止めます。
また歩兵科の教官は昔ながらに生徒を服従と統制とで厳しく管理していることに口を出すバルツァー少佐。
gunka110713-1
ムチを平気で顔に・背中に打ち据える姿を見ていたことからこの言葉には胸がすく思いでしたね。ところがこの教官というのが まさかのこの国の第二王子。怒りに触れて投獄されるばかりか、バルツァー少佐の推し進めようとするボルトアクションの先進銃と、この国でいまだに使われている前装式のマスカット銃とで どちらが有効かを実弾を使って確かめる訓練に借り出されてしまいます。

こんな命がけの実戦でバルツァー少佐は臆するどころか目覚しい活躍を…ここはこの巻一番の見せ場です。
軍国主義が当たり前だった当時の雰囲気が味わえる一冊なので銃とか興味ある人にはオススメします。
軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)
中島 三千恒
新潮社 (2011-07-08)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
皇国の守護者みたいなナポレオニックな作品は多くても、ポスト・ナポレオン期が舞台の話は相当に珍しいはず
それだけで大いに読む価値はありますな
2011/07/17(日) 00:50 | URL | 蛸船 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2229-f8d1eb10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック