ストライクウィッチーズ零 1937扶桑海事変 1巻 12歳の美緒が空を翔ける

zero110723
『娘TYPE』連載、「ストライクウィッチーズ零(ゼロ) 1937扶桑海事変」の1巻です。
毎月レビューしている作品がようやくコミックス化。魔女(ウィッチ)に成り立ての12歳の坂本さんの成長期であると同時に、扶桑海事変がどんな戦いだったのかが描かれてます。

アニメでは質実剛健で「あーはっはっ」とよく笑う坂本さんですが小さい時はそうでありませんでした。(とゆーか、小さな頃からそんな調子だったらさすがに変だろ) 魔女としての才能(魔眼)はあったものの上手く使いこなすことが出来ず悩む日々の連続。それを支えてくれたのが舞鶴の先生である北郷少佐であり、仲間の若本徹子や2歳年下の竹井醇子です。
1話では今の自分にやれることは魔眼で怪異(ネウロイ)を発見することだけだと精神を集中。初めての結果を残すと共に決めかねていたウィッチになる決意をします。これが軍人となった坂本さんの第一歩と言えるでしょう。
zero110723-
大陸に渡った前線基地にて美緒たちと一緒になるのが陸軍の人たち。それが扶桑海事変にて名を馳せる穴拭智子や加東圭子といった面々です。アニメよりも前に小説「スオムスいらん子中隊」で主役だった穴拭さんは満を持して登場かと。
上の画像は右から加東圭子・穴拭智子・加藤武子・江藤敏子 中佐・黒江綾香。いずれもアニメには登場してませんが上司になってる設定です。この人たちと模擬戦や共同戦線を張って美緒はより経験を詰んでいくことに。

尚、4話にて豆挽きにてコーヒーを飲むシーンがありますけどあれは加藤武子のモデルである「加藤隼戦闘隊」の加藤建夫氏がコーヒー好きでよく豆を挽いて飲んでいたことが由来してます。その「加藤隼戦闘隊」は垂直尾翼に矢印が描かれているのが特徴で、6話のコーヒーカップに矢印があるのはそんなことが元ネタになってると思われます。
以後は掲載当時のレビューですから詳細はそちらに。
新連載「ストライクウィッチーズ零 扶桑海事変」8年前の美緒が主役の物語(1話)
ストライクウィッチーズ零 前線基地に配属された美緒は陸軍と模擬訓練(2話)
ストライクウィッチーズ零 陸軍チームが活躍するも智子の悪い癖が出て…(3話)
ストライクウィッチーズ零 扶桑海事変が勃発。新型ネウロイを撃墜せよ!(4話)
ストライクウィッチーズ零 街に出て羽根休み。温泉で読者サービス!(5話)
ストライクウィッチーズ零 ままならない自分が嫌になり飛び出してしまう醇子(6話)

それと掲載時と比べてみてところどころ修正されてます。特に1話は20ページだったものが26ページへと大幅に追加。ページにすると2・3ページ目の美緒しか載ってないところと、ネウロイ出現に美緒と醇子が山に避難する4ページ分がソレ。
zero110723-1
左がコミックス、右が掲載時。湯煙がDVD化したかのように消えてます
そして5話の温泉回では乳首全開! 掲載時では湯煙で隠れていた部分がものの見事に描き加えられてました(笑)
あのー小学生で12歳の坂本さんのおっぱいっていいの? アウトな気がするけどまぁ欠いてるものはしょうがないわな。でも一番はこの人でした。
zero110723-2
北郷先生ありがとうございます!
19歳にして「軍神」と呼ばれる二刀流の師範代。それでいてこのナイスバディなんだから天はイチモツを、いや、天は二物を与えてくれたのですね。

ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変 (1) (角川コミックス・エース 338-1)
ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変(1)
ストライクウィッチーズ零 1937 扶桑海事変(2)限定版 *2012年2月10日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ここの記事で読んでいたので、買いました。面白かったです。

ただ、巻末に紹介があるとは言えキャラ紹介もうちょっと欲しいと思いましたね。
穴拭さんがいらん子で出て、1期にフィギュアが出ていたり
2期再結成はガランドさんのおかげとか知ってると楽しめる要素が多いので。
マルセイユみたいに設定→アニメへの逆移行もありそうなので、劇場版も楽しみです。
2011/07/24(日) 23:55 | URL | 名無し #-[ 編集]
12歳の見えちゃったらなぜアウトなんでしょう?
都条例の時も、都が回答してますよね。
単純に見えたからダメとかではない、と。
あれは成人向けでやるべき行為系を
一般でやるという部分への規制ですし。

なんか少女の見えたらアウトであるとか
勘違いが広まってますよね。
2011/07/28(木) 11:04 | URL | z #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2237-d59a3e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック