こち亀出張掲載の『マーガレット』『別冊マーガレット』を紹介してみる

kochi110810
こち亀連載35周年記念の13漫画誌出張版シリーズの第1弾だった『りぼん』掲載分は3日の記事で紹介しましたけど、今回は第2弾『マーガレット』と第3弾『別冊マーガレット』をまとめて紹介します。先ずは第2弾の『マーガレット』掲載分。人情物だった第1弾と違っていつものこち亀風なギャグテイストでした。ちなみに青色インクはスミに変換しにくいためそのままにしました。

少女漫画誌らしく美男の呂見夫(ロミオ)と美女の寿理枝(ジュリエ)が主役。二人は付き合っているけどジュリエの父親は断固反対。何しろ巨大ロボットを作るハイテク企業の娘と、町工場のローテク会社の息子であるロミオとでは身分が違いすぎるから。そんなローテク会社だけど両さんの協力によって巨大ロボを完成させます。
そこへジュリエの会社が火事という連絡が! ロミオは出来たばかりのロボを使ってジュリエの救出に向かうのでした──

少女誌でロボットを登場させるアンバランスぶりが実にこち亀らしいところ。しかもアナログなデザインが秀逸です。個人的にツボったのはこの場面。
kochi110810-
超ブリキ合金って何だよ!(笑) 町工場らしくとことんブリキにこだわってるのが面白かったです。
次は第3弾の『別冊マーガレット』掲載分。「勘吉青春恋語り」というサブタイトルが付けられていて、こち亀史上 初めて両さんの中学時代のコイバナが描かれました。
kochi110810-1
中学の同窓会を開くという話になって思い出したのは夏樹風乃という女の子。しかし中学の卒業アルバムに載っておらず当時の記憶を思い出す両さん…
彼女はクラスのアイドル的存在で才色兼備。両さんも内心 恋心を抱いてました。ところが自宅が火事になったことで会社が倒産、連絡先も告げず学校を去ってしまいます。そんな風乃に届け物をすべく何とか居場所を突き止めた両さん。手渡したのはクラス全員からの寄せ書き色紙でした。
kochi110810-2
そこには様々な感謝の気持ちと応援する言葉が…。これに涙する風乃です──

コイバナの人情物なら『別マ』読者のド真ん中直球な作品と言えるでしょう。風乃はマジで美人だしこれは男でも読んで欲しいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まるでジャンプ本誌のこち亀作者が描いたとは思えない話と女キャラの可愛さだ…
普段から本誌でもこのくらいのレベルでやってくれればいいのに
2011/08/11(木) 11:38 | URL | 名無し #-[ 編集]
下の両さんいい男すぎないかw
どうしてああなった
2011/08/11(木) 20:55 | URL | 名無し #-[ 編集]
両さんの人情話

少年時代のエピソードは幾度か出てますが何れもええ話になります……でも、その時からオチは何時も“こち亀”ようにハデなんです、一例あげると勝鬨橋を再び開いた際には操作室からダイブして隅田川を泳いで逃げたとか……(大汗)

(今思えば両さんならともかく友人二人はよく無事だったな)

まあ、そんな悪ガキだから寧ろ警察が目を付けて引きずり込んだと言う……今の社会情勢じゃ信じられませんな。

2011/08/12(金) 21:45 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2254-87d93f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック