世界でいちばん強くなりたい! 1巻 大股広げて痛がるところを楽しもう

sekai111015
『コミック アース☆スター』連載、「世界でいちばん強くなりたい!」の1巻です。
AKBなど遥かに凌ぐ国民的アイドルグループ「sweet」。何しろ総勢150名だそうですから(笑)。そのセンターに君臨する二人が萩原さくら(豊崎愛生)と宮澤エレナ(日笠陽子)。二人は良きライバルとして争ってますが総選挙(ここでは国民投票)では さくらがV4を達成。僅かの差で泣いたエレナは これ以上差をつけられたくないと、断ればいいのに女子プロレスの体験レボートの仕事を受けてしまう。

最初はお遊び感覚だったけどプロレスを甘く見たような発言に女子レスラー・風間璃緒(田中理恵)は怒って怪我をさせてしまう。その際にsweetを侮辱した風間の発言に今度はさくらが怒り、髪切りデスマッチの試合を受けることに。
sekai111015-
数週間練習したとはいえ本当のレスラーと戦って勝てるハズもなく、股を大きく開く技を何度もかけてダメージを蓄積させてから最後はスリーパーホールドでフィニッシュ。負けたさくらは己のケジメとして髪を切り、風間に勝つまでsweetを抜けてプロレスに転向することを宣言。人気アイドルが女子プロレスラーとして成功するのだろうか? というお話です。

股間が目立ってしょうがない! というかソレを見ることを楽しむ漫画と言い切ってもいいでしょう。痛がるさくら、いたぶるレスラー、やたら股間を強調する作画。この3つが折り重なってこの漫画は成り立ってます。
sekai111015-1
だからサディスティックな人には超オススメ。貴方もその気になって さくらを悶えさせ、悲鳴を上げさせて「もうだめ。こんなの初めて」と言わせるような気持ちで読んでみてください。

尚、初回版はもれなく 1巻をほぼ丸ごとドラマ化したCDが付いてます。ドラマCDが付きながら値段が通常と同じなんだから こりゃ初回版を買うしかないでしょ! しかも主演が豊崎愛生さん。豊崎さんが悶えて痛がる声を出し、田中理恵さんがそれをいたぶるレスラーを演じてますから想像しただけでもお腹いっぱい? それにアナウンサーが「ワールドプロレスリング」を実況していた 辻よしなりなのでプロレスファンとしても興味持てると思いますよ。

・金曜夜8時にワールドプロレスリングを観ていた世代に捧ぐ「燃えろ! 新日本プロレス」が発売
sekai111015-3
猪木の異種格闘技戦、タイガーマスクの華麗な空中技、長州の叛乱による維新軍の設立、はぐれ国際プロレス軍の参戦、若松をマネージャーとしたストロングマシーンの参戦など、私が最もプロレスを観ていた70年代後半~80年代前半のワールドプロレスリングには様々な出来事がありました。もちろんその後にも色々な出来事がありますけど、この1巻は正に私が観ていた世代にはたまらない思い出深い試合が収録されてます。

なんと言っても第1回IWGP優勝戦の猪木VSホーガン戦は記憶に残ってます。現役バリバリの猪木が舌を出して失神KO負けを喫したのですから えぇ~!とショックで信じられませんでしたね。鈴木ミノルはこの試合を見てプロレス入りを決めたというのですから多くの人に影響を与えた試合だと思います。

それに初代タイガーマスクのデビュー戦であるダイナマイト・キッド戦。後の名勝負はここから始まったわけで、スピーディーな試合運びは今見ても驚きます。
この1巻は880円ですが次号からは1680円。ノーカット収録なのでファンなら見る価値はあるでしょう。
世界でいちばん強くなりたい!(1)【初回限定版・ドラマCD付】(アース・スターコミックス) 燃えろ!新日本プロレス 1号
世界でいちばん強くなりたい!(1)【初回限定版・ドラマCD付】(アース・スターコミックス)
燃えろ!新日本プロレス 1号
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2322-b23ab647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック