とある魔術の禁書目録 本当の敵はローマ正教!ルチアとの戦いへ

toal111113
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の51話
コミックス9巻が来年1月21日に発売されることが発表されました。恐らく先月号分か今月号分までのが収録されることでしょう。劇場版については何も報告がないことから、それまでには何らかの発表があればいいですね。

ようやく捕らえた天草式の建宮斎字。オルソラも無事にローマ正教に帰したことからこれで万事解決!と思いきや、建宮から思ってもみないことを告げられる。
ローマ正教の本当の目的はオルソラを保護することでなく殺すことだと!
もちろん当麻もインデックスも容易に信じるわけがありません。が、建宮の言葉は納得できるものだった。「一度それを開けば十字教の時代は終りを告げる」とまで言われている『法の書』。これを解読したオルソラは、ローマ正教にとって救世主どころか かえって邪魔者でしかないだろうと。それを察したオルソラは日本へ逃げて天草式に助けを求めたのだが、ローマ正教はこれを逆さに取って「天草式がオルソラを誘拐した」と改竄してイギリス清教に協力を求めたということらしい。

ウソを言ってるようには思えないけど信用できる根拠もない。揺れる当麻の心中を動かしたのは、遠くから聞こえたオルソラの叫び声だった。急速に膨れ上がるローマ正教への疑惑に当麻の足は叫び声の方へ。
が、その前に立ち塞がるルチアとアンジェレネの二人です。
toal111113-
ルチアの顔芸 キタ━━(゚∀゚)━━ !!
ちょっと触れただけでこの過剰反応。極度の潔癖症なのか十字教主義者なのか、逆鱗に触れてバトルに突入です。ルチアの魔術は車輪を破壊してその破片を散弾銃のように武器とします。しかも車輪は何度でも再生可能なのだから厄介だ。
インデックスにはアンジェレネが相手。三つの金貨袋を飛ばして行く手を塞ぐのですが、魔術が未熟な点を10万3千冊の知識が見逃しませんでした。逆に金貨袋を操ってルチアを邪魔します。
「杜撰(ずさん)だね」で始まるインデックスの解説。どや顔するのも当然でしょう。
toal111113-2
退却命令に従い引き上げる二人を見て、疑惑は確信となった当麻とインデックス。引きはオルソラを足蹴にするアニェーゼです。今度は俺たちのターンとばかりに逆襲に転じる当麻に期待! つづく
<Amazon> とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(7) *12月17日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
のちのアドリア海戦で、この時のルチアの潔癖なまでの拒絶反応をなかったことにしてる上条たちは超優しいな。
2011/11/15(火) 14:52 | URL | 名無し #-[ 編集]
こぎのん絵上手いな
2011/11/16(水) 22:16 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2349-55e35a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック