ストリングス・ドールズ 1巻 人を操るゲームを巡って殺人が繰り返される

strings111124
『ガンガンONLINE』連載、「ストリングス・ドールズ」の1巻です。
ロープレでもアドベンチャーでも大概のゲームはキャラクターを操って遊ぶもの。ではゲームではなく人を実際に意のままに操れるとしたら貴方はどうしますか? この漫画はそういった力を得た者の欲望を問う内容です。

事件の舞台は人口が八千人ほどの夜釣島。車椅子に乗る妹・織原小依を押すのは兄の織原詩朗。事故によって不自由な身体になってしまったことを気遣い、いつも二人して通学しているようです。バス停近くの店舗の裏側に携帯ゲームのダウンロード機を見つけてしまったことが二人の運命を大きく変えようとは この時点で誰が思おうか。
軽い気持ちでダウンロードしたのは「ストリングス・ドールズ(あやつり人形)」というゲームでした──

チュートリアルに従ってゲーム機のカメラに人を写し、その人物をタッチしたままスライドさせたらその通りに動いたことに驚く詩朗。このゲームは人を意のままに操れるのです。これを使って歩けない小依を歩けるようにした使い方は間違っていないでしょう。ただ、誰もかれもその様な使い方をしないわけで…

事件はフェリーの中で起きました。ふと見れば飛び降りる寸前のおじさんが居たのでゲームで操作しようと思ったら作動せず、急いで自力で食い止めたところ「身体が勝手に動いた」とのこと。まさか自分たち以外にもゲームを使う人物が? と思うや 今度は小依が操られて海に落とされてしまいます──
strings111124-1
一命は取り留めたものの意識の回復はわからないと知らされ絶望する詩朗。ゲームのすれ違いリストに「MIYABI」とあったことからこいつが犯人だと知って復讐を誓う。その後、とある協力者からダウンロードしたのは13人で既に二人殺されたことを知る。ミヤビはこのゲームの所有者全員を殺して独占するつもりらしい。果たしてミヤビとはいったい!?

逃げられない環境でのサバイバルマッチといった感じでスリリングさがいいですね。誰がそのゲームを持っているのかは すれ違い通信で確認するしかなく、でも電源を切っていれば通じない。人を操れるのは20mまでで、近付けば字を書かせることも出来るという設定もゲーム性が感じられます。今後はこういった設定を駆使してミヤビを追い詰めていくのではないだろうか。

操るのか操られるのか、詩朗の生き残りを賭けた戦いに注目してみよう。
ストリングス・ドールズ(1) (ガンガンコミックスONLINE)
緋原 俊介
スクウェア・エニックス (2011-11-22)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2360-855ec8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック