「とある科学の超電磁砲」 不在金属を巡って佐天さんがひと騒動に

toal120127
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の47話
学園都市の裏組織『メンバー』の馬場が放ったロボ蚊によって倒れてしまった御坂妹。それに近付く食蜂さんとエージェント…という場面で前回が終了。その後の経緯は不明のままに今回は御坂親子の食事シーンから。美琴は飲み物を買いに外へ出たところ当麻とバッタリ。更には食蜂さんとも会ってしまい微妙な空気が…。
食蜂さんは御坂妹を監禁した?のに普段と全く変わらぬ接し方。そもそも美琴と御坂妹の違いに気がついてないとも思われるけどこの平常心な態度は何だろう??

当麻は食蜂さんを「同級生」と紹介されるも初めは意味がわかりません。なぜなら美琴と比べて胸のデカさが明らかに違いすぎたから! そりゃ上級生と思うわな。ここでチェックすべきは美琴は食蜂さんの前で当麻の名前を一言も口にしてないのに、食蜂さんは「上条さん」と呼んでること。明らかに身辺を探ってることを意味してます。いったい食蜂さんは何を企んでいるのだろう…。

場面は変わって佐天さん。44話で話してた、超能力者同士の能力がぶつかることで生まれるという「不在金属(シャドウメタル)」について真剣に考えてます。金儲けではなくロマンを求めるその姿勢に初春も同調。競技を終えたグラウンドをナビゲートするのですが…
toal120127-
地面を這いくつばって探す佐天さん。そこに怪しげな人の影。さては「不在金属」を狙う謎の組織ってやつか? 佐天さん逃げて~!
携帯電話で叫び声を聞いた美琴は黒子の能力でテレポート。佐天さんを抑えつけてる男たちを見るや ひと暴れを始めます。その服装を見て止める黒子の言うことも聞かずに──
toal120127-2
ただ平謝りする美琴と佐天さんデス 実は彼らは競技後のグラウンドの警備とクリーニングをするお役人。高レベル能力者のDNAを採取しようとする者が居ることから、不審人物は誰だろうとご同行願うのが彼らの役目なんです。

こっぴどく叱られて解放された二人。どうやら「不在金属」とはその厳重警備の姿から生まれた噂だったことで落ち着きます。本当にそうなのか?と疑問視するのは初春。データ分析をしてるだけに、まるで誰かが何かを隠すためにネット上にダミー情報を流していることに気が付きます。これらを洗い出して調べてみたら とある人物に辿り着いて…
toal120127-1
帰ってきた皆に「何もありません」と話すとともにファイルも消去していた初春。これでは初春が共犯者ではないか! いったい誰なのか、どうして誤魔化したのか、食蜂さんと並んで謎となった初春の行動が気になります。 つづく

尚、電撃大王 今月号は4コマ漫画の別冊付録「こもえ」が付いていて、ここに嬉しい人物が参加してました。
toal120127-3
GUNPさんじゃないか! 超電磁砲もので8ページに渡り掲載しています。個人的なことながら、会うとしながらもいまだに会えずに数年経ってしまいました。名古屋の即売会に参加されるのでしたらお会いしたいですね。
電撃大王 2012年 03月号 [雑誌] とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
電撃大王 2012年 03月号  とある科学の超電磁砲 7
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2415-905a2402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック