咲-Saki- 阿知賀編 怒涛の猛攻を仕掛ける照に成す術なし!

saki120310-3
『月刊少年ガンガン』連載、「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の第8話
今回は表紙&巻頭カラー。しかも巻中にもカラーが4ページ使われている破格扱いになってます。しかもこれに留まらずコミックス1巻用の着せ替えカバー(小林立Ver.(写真上)と五十嵐あぐりVer.(写真下))二枚が付録だから今回は買うしかないでしょ。
更には来月号も表紙&巻頭カラーだそうで、連続してこうなるのはマジでハガレン以来です。

準決勝第1試合を先制したのは"一巡先が見える"千里山の園城寺 怜! でも最強チャンピオン・宮永照は能力を使って皆の技量を確かめます。それが前回登場した鏡で、照魔鏡であることが公式に発表です。
saki120310
実況のふくよかすこやかコンビの話では照は最初の東一局では和了(あが)らないことが多いそうで、照魔鏡を発動させるためにあえて一局目は落としているというところか。

一巡先が見える怜と本質を見抜く照、どっちが怖いのか比べてみたら照でした。それは連続和了(れんぞくホーラ)で、和了(あが)るごとに点数が高くなるという。ここでは1000点から始まって1300、3000、7700と4連勝。その勢いは止まらない!
saki120310-
初めて見せる照の仕草。好調だと右腕を回すところがあるみたい。まるで「あしたのジョー」のホセ・メンドーサのコークスクリューで、まさに必殺技といった感じ。
このままやられるわけにはいかないと怜が一巡先を見て手を打っても、それを見透かしたように手を変えて和了るので止める術がありません。更に連勝を延ばして6連勝まで突き進む。

ここで入るは怜の過去。一巡先を見れる能力は、倒れて生死をさまよったことでなぜか得られたんだそうだ。それで三軍から一気にエースの座まで昇りつめたとはシンデレラガールだね。でも照には手も足も出ないことから心が折れかかります。が、2回戦で照にコテンパンにされたハズのすばら先輩がこの状況になっても諦めてないことに心を繋ぎとめました。わざと すばら先輩に振り込むことで照の連勝をストップさせるに成功します。これは長野県予選決勝で かじゅ先輩があえて咲に振り込んだことで衣の連勝を止めたのに似てますね。
saki120310-1
自分ひとりでは止められないけど他家と連携すれば止められる、まだ戦えると気が付く怜。とはいえ依然として照が優位なのは変わりません。一方、ここまでまだ一回も和了ってない玄さんは焦ります。このままでは2回戦と同じですから。有効手段が見つからないまま またしても照に持っていかれたとき、おかしなことに気が付きます。自分の捨て牌でも和了れたハズなのにそれをせず、ツモって和了ったのは何故なんだ?
saki120310-2
こうして前半戦終了となりました。順位は白糸台、千里山、阿智賀、新道寺の順。玄さんがその謎を解いたとき、照に少なからず一矢報いることができるでしょう。 つづく

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
小林 立 五十嵐 あぐり
スクウェア・エニックス
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2456-14baf30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック