SPEC〜零〜 テレビドラマ以前の紗綾とニノマエの戦いと確執を描く

spec120415
『ヤングエース』に連載していた「SPEC〜零〜」です。

本文を書く前に重要なお知らせをします。私の父親は昨年ガン手術をして自宅療養をしていたのですが、昨日体調不良を起こして入院、脳梗塞と診断されました。意識はあるもののガンが他にも転移していることからハッキリ言って長くないと思います。
その場合、私が喪主となって葬儀を行うため必然的にブログ更新をしばらくお休みする(万が一の場合はそれ以上のことも)ことをあらかじめお伝えします。特に「めだかボックス」はアニメ化したばかりだというのに休むのは気が引けるのですが、家族優先は当然の義務だと思うので。
ともかくその時が来ましたら一文いれますし、そうでなくともそれを理由に休むことが度々あると思いますがご理解のほどをよろしくお願いします。

2010年にTBS系で放送された「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」。この続編となる映画『劇場版 SPEC〜天〜』が公開されて『ドラえもん』の興行成績5週連続一位を破るなど、ヒットしているようですね。この漫画はテレビドラマ以前の、FBIの研修から帰国した当麻が未詳に入り とある事件を介してニノマエと戦わなければならない理由や左手の秘密が語られてます。つまりはドラマ1話を観る前にコレを読んでおけってことです。今さらだけど。

「SPEC」とは当作品に登場する特殊能力。分かり易く言えば超能力です。それを使って犯罪を犯す者たちに対処するのが「未詳」と呼ばれる警視庁の特別班。主人公・当麻 紗綾もその一人です──
当麻夫妻とその息子(陽太)が飛行機事故によって死亡。一人残された紗綾は悲しみに暮れるも、柴田純刑事によってソレがSPECによる殺人事件だと知らされる。それから6年──紗綾は刑事となってFBIの研修から帰国し、SPEC犯罪に対処する「未詳」に所属するのでした。
柴田刑事とは99年に放送されたドラマ「ケイゾク」の主人公。この作品は「ケイゾク」の同軸線上にあって11年後の物語なんですねー。

ドラマの紗綾は戸田恵梨香が演じており、そのイメージで紗綾は可愛く描かれていて好印象。どことなくエヴァのミサトさんな雰囲気もあって、時には凛々しく描かれる姿に惚れてしまいますよ。
spec120415-
もちろん犯人を導き出すお馴染みの「いただきました」の決め台詞シーンも出てきます。ってゆーか、コレをやった最初がこのコマらしい。書いて散らせば犯人がわかるなんてありえないけど、これも紗綾のSPEC能力だとしておきますか。

紗綾と敵対するのがニノマエ。正しく書けば「一 十一(ニノマエ ジュウイチ)」で、縦に書けば「王」と読めるのが特徴。実は死んだと思われていた紗綾の弟・陽太で、飛行機が爆発する直前でSPECに目覚めて生き延びていました。両親を殺したのが紗綾だと記憶を操作されて敵対することになります。
spec120415-1
彼の能力とは「時間を止める」ことで、ジョジョと同じくSPEC能力者でも最も危険視すべき相手。その能力で親友のナンシーは殺され、紗綾も殺されかけます。姉弟なことを知らないまま戦うことになろうとは辛いよね。しかもニノマエを逮捕しながら あることで左手首を切断し逃げられてしまうとは 踏んだり蹴ったりな紗綾です。

テレビ・映画とジャンルを広げて、アメリカではドラマとしてのリメイクが決定するなど国際的になった当作品。まだ観たことのない人は全ての物語のエピローグとなるこの漫画を読んでおいて損はしないでしょう。
SPEC~零~ (カドカワコミックスAエース) SPEC ?零? (角川文庫)
SPEC~零~     SPEC ?零? (角川文庫) *当漫画の小説版。4月25日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつも更新を楽しみにしている者です。
ご家族のこと、大変かと思います。ご家族優先で更新は後回しにしてください!
更新されなくとも、ゆっくり楽しみに待っていますので。
2012/04/16(月) 21:28 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2491-cfc249d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック