咲-Saki- 魔物が取り憑いた霞さんは牌を強制的に支配する

saki120421
『ヤングガンガン』連載、「咲-Saki-」の96局
久しぶりの巻頭カラー。そこでは強者に囲まれた末原さんが苦悩してます。相手が怪物揃いに比べて私は凡人。凡人に出来ることは「考える」こと。思考停止したら本当に凡人だと──
対局室に向かう前、末原さんは「格下の相手でも負ける可能性を意識して臨んでいる。だからこそ強い」と評されてました。でも今回は負ける可能性を意識し過ぎて「めげたい 投げたい つらいつらい」とまで言ってます。それほどに負けを予感させるバケモノたちってことですね。

姫様に降りかかる火の粉は この私が振り払ってやると、魔物を内に秘めていた霞さんが呪縛を解いた前回、いきなり跳満が飛び出しました。でも魔物を解放し身にまとった霞さんの本当の恐ろしさはこれからです。
咲、姉帯さん、末原さんとも手牌が絶一門状態になってることに驚きます。来てるのは萬子と筒子だけ。索子が一枚も来てません。その中で索子を捨牌にしてるのは霞さんだけ…
「ツモ」と霞さん。まさか…と嫌な予感が的中します。
saki120421-
索子だけで役を作っていることに一同驚愕!
何しろ萬子も筒子も一つも無いまま索子で染め上げたのだから。え~~これって最強じゃね? 今まで衣のように望む牌を思うがまま引くことはあっても、全ての牌をコントロールなんて出来ませんでした。索子だけ、萬子だけを引くことが出来る=他家にその牌は回さないだなんて反則的に強いでしょうよ。

これによってトップだった姫松が逆に最下位へ転落、永水女子がトップに駆け上がります。レ○プ目になってしまった末原さん可哀想…
saki120421-1
いつもは防御に徹する霞さんだけど、この状態からはお祓いをしてもらうまで切り替えられないとのこと。ではこの状態でのリスクはあるのかしらん? もしノーリスクだったらそれこそ無敵でしょう。つーか、そもそも内に秘めて解放しなかった理由がわかりません。長時間このままだと心を支配されてしまうとか、たぶんそんなところじゃないですかね。

こういう能力で思い出すのは「仮面ライダー○○○(オーズ)」のプトティラコンボ。悪しき心に支配されてしまいそうな映司の姿を思い出します。
 その身体にまとうのなら食うか食われるかのミッション
 イチかバチか最後の手段 試す時だろう 危険を冒し 
 ねじ伏せてみろ 暴れだす未知の力を自分のものに出来たとき 次のステージに行ける

プトティラコンボのテーマソング「POWER to TEARER」の歌詞の一部でこう歌われてます。今後 私はこの歌を霞さんのテーマソングとして勝手に思い込んでおこう。

MIRACLE RUSH(初回限定盤)(DVD付) TVアニメ 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A エンディング主題歌
MIRACLE RUSH(初回限定盤)(DVD付)
TVアニメ 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A エンディング主題歌
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2496-15c9a22a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック