貞子  映画「貞子3D」をコミカライズ。今度は呪いの動画で人が死ぬ

sadako120424
『コミック怪』に掲載 及び描き下ろしの「貞子」(全1巻)です。
98年に上映された「リング」は日本はもちろん世界各国でスマッシュヒットし、ハリウッドでは2度の映画化がされました。あれから14年、今度は3D映画として貞子が帰ってきます。この漫画はソレをコミカライズしたもの。漫画は「リング」「リング2」「呪怨」などを描かれたMEIMU氏です。

世間でささやかれる都市伝説、それは「呪いの動画」。それを見た者は必ず死ぬといわれている。
茜は ある過去を持っている女子高の教諭。教え子の典子が授業中に「呪いの動画」の話をしていたので たしなめるも、その晩に典子は自殺?してしまう。死ぬ直前に動画を見ていたらしい痕跡を残して。

警察にもその噂は届いており、実際に動画サイトの生中継を見ていた者が死んだという。調べていくうちに生放送を流していたのは柏田という男であることが判明。柏田はアーティストとして有名だったものの、他者を批判したことで炎上、世間に恨みを残して表舞台から消えていた。
sadako120424-
典子の友達 北山は、典子は自殺などするような子じゃないと その動画探しに明け暮れる。そしたら男(柏田)が「世間に復讐」だの「Sの復活」だの言葉を残して自殺する動画に遭遇。間も無くしてモニターから女が飛び出して引きずり込もうとするではないか! 茜の手によってそれは免れたものの、その女は茜を見て「ミツケタ」と残し姿を消す。
sadako120424-1
「ミツケタ」とは茜の過去に関わることで、その後は茜が狙われることになります。柏田の言った「Sの復活」とは何か、どうして茜が襲われるのか、それは貴方が解き明かしてください。

まぁなんだ、言うなれば「エイリアン2」な今回ですね。「エイリアン(初代)」は一匹の怪物がいつどこから襲ってくるのかわからないサスペンス&ホラーの要素が濃かったのに対して、「2」は集団で襲ってくるエンターテイメントなところがありました。それと同じです。この「貞子3D」では貞子は一人じゃないということだけお伝えしておきます。あんなのが襲ってきたら怖すぎますよ。


貞子 (怪COMIC)
貞子 (怪COMIC)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2499-94135c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック