「とある科学の超電磁砲」 許せない!温厚な湾内さんと泡浮さんが戦いへ

toal120527
『電撃大王』連載、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」の49話
見張りが就いて動けない美琴の代わりに御坂妹を探し始めた婚后さん。ちゃんと順序立てて推理する様は刑事のようで、しかも食蜂さんの能力をちゃんと理解していることに驚きです。他の人もこれぐらい理解していれば易々と操作されることもないんだけどね。
足取りを探っていたところ御坂妹といつも一緒の黒猫を発見。通り掛かった湾内さんに事情を話してみたら「水泳部の知人に動物の読心能力者(サイコメトラー)が居るのでコンタクトが取れるかも」とのこと。これで何があったか分かるかもしれないと喜ぶ婚后さんですが、そうは簡単に事は進みません。

この会話を犬ロボットを通じて馬場が盗聴していました。前回出てきた多くの犬ロボットはこういう役割のためでしたか。事態を知ろうとする者や証拠を排除しようという企みのようです。
toal120527-
婚后さんと接触し、人の居ない場所で襲い掛かる! 犬ロボットは口からヒートロッドのような鞭を伸ばして襲ってきます。普通に噛み付くんじゃないんだね。「君の能力は調査済み」だとする馬場。だからこの様な何もない場所に誘い入れたと。
ですがこの考えは見当違いでした!
toal120527-1
「空力使い(エアロハンド)」の噴射点は何処でも可能。それは地面そのものだろうと。しかも噴射点を束ねれば、開業し立ての電波塔でも成層圏まで打ち上げられるそうで「飛ばせないものなどありません」と。
すげー!! 婚后さんの能力見くびってたわ。本気になればここまでやれる子だったとは。巨大なパラボラアンテナや壁もなぎ倒して馬場を襲います。
これで形勢逆転だ…と思ったんですが馬場は卑怯にも黒猫を人質(猫質)にして再度 馬場のターンへ。

…これ以後はちょっと辛い場面に。馬場が婚后さんを何度も蹴り倒してヒドイのなんの。漫画を読んでて久しぶりに怒りが込み上げたわ。とてもじゃないけどこのシーンをUPする気になれません。
ここに駆けつけた佐天さん 及び湾内さんと泡浮さん。特に湾内さんと泡浮さんの怒りは凄まじく、いつもの温厚な姿は全くありません。怒髪天とはまさにこれ!
toal120527-2
俺が許す! いや、読者全員が許す!
馬場を思いっきりぶちのめしてくれ!!

でも実際のところ二人の能力はどうなんだろ? 湾内さんはレベル3で水流操作系の能力なのは判明してますが、泡浮さんは未だ不明。これが勝利の鍵になるかもしれません。
それと婚后さん。そんなヒドイ目に遭いながらも決して折れることなく立ち向かったことに敬意を表したい。少なくとも私は貴女を応援するよ!! つづく
とある科学の超電磁砲 ( レールガン ) EXフィギュア Vol.2 御坂美琴 ・ 婚后光子 全2種セット とある魔術の禁書目録Ⅱ ( インデックス ) EXフィギュア Vol.3 白井黒子 ・ 結標淡希 全2種セット
とある科学の超電磁砲 ( レールガン ) EXフィギュア Vol.2 御坂美琴 ・ 婚后光子 全2種セット
とある魔術の禁書目録Ⅱ ( インデックス ) EXフィギュア Vol.3 白井黒子 ・ 結標淡希 全2種セット
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
婚后さん随分お強かったのね。
馬場は本編小説でも水攻めにあって以来行方知れず(多分死亡)だし今回も水で酷い目に遭いそうですね。
2012/05/28(月) 18:06 | URL | 名無し #-[ 編集]
できればこの二人も返り討ちにしてもらいたいが、流れ上そうはならないんだろうな。
2012/05/28(月) 22:44 | URL | 名無し #-[ 編集]
馬場は○して本編にはクローンだせよ
こいつは許されない
2012/05/29(火) 01:24 | URL | 名無し #-[ 編集]
「怒る練習」はこのための伏線だったんですね
「こ、こらー」の時とのギャップがw
2012/05/29(火) 03:44 | URL | 名無し #-[ 編集]
絶対に許さない!
2012/05/29(火) 15:54 | URL | 名無し #aTyr7H/U[ 編集]
打ち止めのお守りしてる通りすがりの一方通行が―って展開期待
2012/05/29(火) 17:22 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
このクソデブが!!!!
2012/06/23(土) 23:10 | URL | w #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2527-a6969a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック