「コードギアス 双貌のオズ」 初出陣前にこいつら一体なにをしてるんだ

geass120617
『ニュータイプエース』連載、「コードギアス 双貌のオズ」の第2話
オルドリン(通称:オズ)を筆頭騎士とするグリンダ騎士団は現在 地中海を進行中。このヨーロッパ一帯は既にブリタニアの占領下にあるも各地で残存軍による抵抗を受けており、それを鎮圧するべく向かっているわけです。
当初はロシア領を目指していたところ、とある人から入電が。その人物とは上の画像のモニカさん。うわー、懐かしい! ブリタニア最強の騎士団「ナイトオブラウンズ」のナイト・オブ・トゥエルブだった人です。最後はスザクにやられてしまうのですが扱いが酷く、ロクに活躍のないままの退場は残念としか言いようがありませんでした。

モニカさんいわく、アルジェリアを中心に活動していめテロ組織がペジャイア基地を襲撃するという情報を嗅ぎつけたので対処してくれとのこと。ならばと一路 アルジェリアへ転進するのですが騎士団たちときたら…
geass120617-
ティンクとレオンハルトの男たちはホモっていたり(実際は違うけど)、オズはマリーベル皇女のスカートをうっかりめくってパンツを丸出しにしてしまうなど、どいつもこいつも緊張感が足りません。大丈夫なんだろうか?

とはいえ彼女たちとて皇女殿下直属の騎士団、キめるときはキめます。勇ましい皇女の指揮のもと一斉に降下するのですけど、競技用ナイトメア乗りからパイロットになったソキアは浮き足立ってしまいます。
geass120617-2
先行した上での直撃弾。致命弾ではなかったものの戦闘から外れることになり、彼女にとっては痛い初陣となりました。それにしてもこのパイロットスーツはアブないなぁ。ムダ毛処理しないと人前に出られないぞ。
ソキアが抜けても戦いはグリンダ騎士団が一枚も二枚も上手で、やはりオズの戦闘能力はスバラしい。銃を使わずとも近接戦闘だけで全てを倒してしまいました──

こうして初陣を勝利で飾ったオズたち。でもその歓びは一つの通信で一変するのでした。
geass120617-3
ペジャイア基地陥落。戦っている間に落とされてしまったらしい。その落としたナイトメアは白炎。二人のオズの邂逅は近い… つづく

最後になって白炎きました! 紅蓮壱式(弐式ではない)をベースに改造されたものでカブト虫のようなツノが特徴です。乗ってるオルフェウス(もう一人のオズ)の詳細は『ホビージャパン』で明らかにされました。二人は兄妹だけどジヴォン家は女傑一家なので男は必要とせず、早いうちに捨てられてしまったそうです。同じような顔立ちの二人が相対したとき、物語はどう動くだろう!?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして 
 ナイトメア「白炎」。
 これ何処のオーラバトラーですか?
2012/10/18(木) 03:59 | URL | KK #OLHiJ7es[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2545-b8c12a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック