とある魔術の禁書目録 10巻 味方が敵で敵が味方!? オルソラ編が決着

toal120822
『月刊少年ガンガン』連載、「とある魔術の禁書目録」の10巻が発売されました。原作7巻のオルソラ編が決着です。オルソラを捕らえていた天草式が御用となって一見落着と思いきや、実際の黒幕はローマ正教自身であって天草式はオルソラを保護していた衝撃の事実が当麻を襲う。これ以上はローマ正教内部の問題。手出し無用かもしれないけれど、殺されてしまうだろうオルソラをそのまま黙って見過ごせるわけがない! 当麻はもちろん、十字架を渡したことでツンデレ風にイギリス清教のステイルが加わり、恨みたっぷりの天草式も参加しての一大決戦が始まります。

敵だと思っていた者が正しく、味方だった者が悪者だったというパターンの王道ですね。悪者だと判るや、途端に憎らしくなる(特にルチア)のは当然の流れでしょう。大人数で戦うと活躍する描写が特定キャラだけになりがちですが、今回はそんなことありません。ステイルは巨大イノケンティウスを繰り出したことで大多数の戦意を喪失させるに成功してるし、インデックスは『魔滅の声』を使って戦えることを証明。天草式は原作ラノベの牛深・対馬・香焼・野母崎・諫早の五人がセリフ無しながらも見せ場を作っているのが嬉しいじゃないですか。
toal120822-
最後はもちろん当麻が"男女平等パンチ"でアニェーゼを粉砕。その前に「蓮の杖(ロータスワンド)」との攻防戦を伝えなければなりません。ダメージがテレポートして伝わるのでどんなに強固な防具をしようが無意味。事実上 防御不可能というとんでもない武器を前に当麻が取った戦法はシンプルそのもの。いや、それだからこそ相手が繰り出してくるだろうポイントを予測して回避できたのです。この戦いは全く解説されてませんが、緻密な心理戦があったことを覚えておいてください。

さて、掲載時とコミックスとの違いですが52話でかなりありました。具体的には52ページから62ページの間で 描き下ろしは勿論のこと、このコマが次ページに行くとか、下のコマが上に移動するとか、"描き加え"と言うよりも"描き直し"とした方がふさわしい修正ぶりです。その中で特に知ってもらいたいものが下記です。
toal120822-1
56ページの この1ページ丸ごとが新作カット。当麻に裏切られたと思っているオルソラ。それを1ページ使って描くことでダメージの大きさを表してします。
toal120822-2
↑掲載時のもの。下段にあった たった3コマの場面が…↓
toal120822-3
5コマ使った1ページものへと大胆に変更。当麻たちが騙されていたと知る場面なのでじっくりやったというところか。
toal120822-4
左が掲載時、右がコミックス。同じ場面でも掲載時は半ページ使った顔のアップだったのに対して、コミックスでは1ページ使った全身画へと変更。見るからに神々しく思えるシーンになりました。
とある魔術の禁書目録(10) (ガンガンコミックス)
鎌池 和馬 近木野 中哉
スクウェア・エニックス (2012-08-22)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いい修正だなあ
当麻達が騙す云々の流れはアニメでも意味不明だったし、最高の補完だね
2012/08/23(木) 20:10 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
天草式の見せ場が増えててファンとして嬉しい。
アニメにもああいうオリジナルを入れてほしかったなあ。
2012/08/24(金) 17:31 | URL | 名無し #-[ 編集]
相変わらず禁書のコミカライズはレベルが高いな
これで三沢塾篇や海の家編を入れてくれていたら...
2012/08/28(火) 03:54 | URL | 名無し #-[ 編集]
アニメ二期より出来がいいのが人気の一因なんだから、皮肉な話だ・・・
2012/09/27(木) 20:13 | URL | 名無し #-[ 編集]
確かに、普通はアニメ版の方が漫画版より人気が出るよね。
まあ、アニメ版がダメだったっていうより、この漫画版の出来栄えが素晴らしいんだと思うよ。
2012/09/29(土) 21:19 | URL | 名無し #-[ 編集]
後出しの妙もあるんだろうな。
アニメ版が失敗した部分を上手く改良してるように思う。
純粋に近木野先生の力量が上がったのもあるだろうけど。
2012/09/30(日) 19:05 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2599-d19c0e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック