アニメ「めだかボックス アブノーマル」第4話の感想

今回は原作の30~32箱の内容。高千穂戦が一気に終了です。次回は人気の宗像だけに2話連続とか考えられますね。そういや解説役の対馬兄弟が帯同してないじゃないですか。ま、チョイ役でしかないので わざわざ声優を呼ぶこともないとか? 本来の対馬兄弟のセリフは誰かが喋るようにしてありました。

高千穂が自動操縦の反射神経ならば、めだかはマニュアルによる自己制御。守るも戦うも勝手に自動で動いてくれる高千穂が有利みたいだけど、めだかは身体の全てを制御できる。つまり普通の人は限界値に至る前にリミッターがかかって制御してしまうものだけど、めだかは常にリミッターを外した状態。だから黒神ファントムという全身の筋を破壊してしまうほどの動きができるわけですね。でも…それって自爆とも言います(笑)。だからここぞという場面の一度きりしか使えないのが難点ですか。
medaka121102-
初めて自分を触ることのできる めだかの出現にワクワク状態の高千穂。ハタから見れば異常と思えてしまうかもしれませんがそんなことありません。だって生きてきて初めて自分と対等に殴り合える相手に巡り合えたのですから、喜ぶのは当然だと思いますよ。
両者の殴り合いはいかにも楽しそうで、視聴者にとっても遺恨のない戦いは安心して見えたのではないでしょうか。
medaka121102
事故に遭った回想シーンは全く説明ありませんでしたね。だから自分なりの考えが出来てそれはそれでよかったとも。原作では上のように隙間にただ丸まっていたものが、アニメでは飛び込んできた多くの鉄骨を避ける描写に変更してました。なるほど、その方が反射神経を的確に表現できるわけで良い変更だと思います。
めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(下) 『水槽管理のツークツワンク』 (JUMP j BOOKS)
めだかボックス外伝 グッドルーザー球磨川 小説版(下) 『水槽管理のツークツワンク』 *11月19日発売
めだかボックス 18 (ジャンプコミックス) *12月4日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
回想シーンはテンポが良くて良い改変でしたね
2012/11/03(土) 06:46 | URL | 名無し #-[ 編集]
高千穂先輩は好きなキャラなんだ
2012/11/04(日) 19:09 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2657-86dcb530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック