戦闘破壊学園ダンゲロス 2巻 番長グループが女性と化し、総攻撃へ

dange121106
『月刊ヤングマガジン』連載、「戦闘破壊学園ダンゲロス」の2巻です。
上の表紙が変になってるのはキラキラ表紙仕様の限定版をスキャンしたので。限定版には表紙が別バージョンになってる他に、右の描き下ろしイラストによるマウスパッドと、掲載時のカラー原稿が再現(1ページだけだけど)されてます。

異能力バトル。古くは超能力者同士の戦いで「超人ロック」とか「バビル二世」などがありました。「ジョジョ」はそれをもっと具体化して「相手がああしてきたら こうして反撃する」といった駆け引きが物語をより一層 面白くしてくれました。このダンゲロスも その手の作品です。

"魔人"と言われる能力者が存在する世界に、数多くの"魔人"が通う学校があった。それが私立希望崎学園。またの名を「戦闘破壊学園ダンゲロス」と呼ばれていた──
1巻にて「番長グループ」と「生徒会」との対立によるハルマゲドンが勃発。先陣を切って戦ったのは、かつての友人だった夜夢とリンドウでした。この切ない戦いは見どころがあったのだけれど、「転校生」と呼ばれる第三の勢力によって両者が殺されてしまい、一転して三つ巴の様相となった…というのがこれまでの話。

番長グループに加勢することになった主人公の両性院がやるべきことは男の女性化。何を言ってるのかわかんねーと思うが(ポルナレフのマネ)、両性院は男を女に変化させることが"魔人"としての能力なのです。生徒会には男だけに致死率100%で感染するウイルスを作り出す"魔人"が居るため、全員が女となって戦うというわけ。
先ずは番長である邪賢王から。身長なら数メートルはあるだろうガタイ巨体のチ○コを握って「チンパイ」と叫ぶや あら不思議!
dange121106-
Bカップのカワイイ女の子になっちゃった!
異能力バトルでもジョジョと違って、エロとグロとがちょっと入ってるのがこの作品のスパイスだったりします。こんな調子で次々と女性となっていく番長グループ。でも全員が可愛いくなるわけでなく、そのまんまの顔で女性となった人はツライですね(汗)。

話の中盤は生徒会が必ずしも正義でないことが語られます。その一つが番長グループの守りの要だった口舌院言葉の死。生徒会の架神恭介の ある能力によって殺されてしまいます。両者の親交を図る場においての殺害であり、何より美人が殺されてしまったことに読者の感情はそりゃ番長グループに移るだろうよ。
その架神はノコギリ曳きの刑となるわけですが、生きたままノコギリで刻まれる場面がもう痛々しくて仕方が無い! ちょっとしたトラウマになるかもしれません。
dange121106-1
終盤になって番長グループの一斉攻撃が開始。邪賢王とサブリーダーの白金による先導でブッこむわけですが、生徒会はこの襲撃を事前に察知しており対策を取っていた! どうなる番長グループ!?
戦闘破壊学園ダンゲロス(2)初回限定版 (プレミアムKC) 戦闘破壊学園ダンゲロス(2) (ヤンマガKCスペシャル)
戦闘破壊学園ダンゲロス(2)初回限定版
戦闘破壊学園ダンゲロス(2) *通常版
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
山田風太郎を目指してるだけあって、
忍法帖シリーズ並みに強い奴が理不尽に死ぬ漫画だなw
2012/11/07(水) 20:01 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
作者自身を作中で最も最悪な殺し方するあたりは好感持てる。
2012/11/08(木) 00:45 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2660-8855177f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック