新連載「機動戦士Zガンダム外伝 アドバンス・オブ・Z 刻に抗いし者」

adbance121128
『月刊コミック電撃大王』新連載、「機動戦士Zガンダム外伝 アドバンス・オブ・Z 刻に抗いし者」
タイトル長げーよ! 見出し文が書けませんでした。サンライズと『電撃ホビーマガジン』とが共同で作っている作品で、小説がサンライズの「GUNDAM.INFO」で連載している一方、『電撃ホビーマガジン』ではその情景をジオラマにして掲載するスタイルをとってます。この漫画はその小説をコミカライズしたもの。原作を読んでないのでわかりませんが、この1話は小説が始まる以前を描いたもののようです。
それにしても電撃大王でガンダムの漫画が始まるとは思いませんでした。

時は1年戦争が始まった宇宙世紀0079年の3月。ジオンは地球侵攻を開始し、北米の大半を制圧。僕らは支配がまだ及んでいない中米を目指すしかなかった──
その僕らが主人公になります。上の画像で左の三人ですね。上から
アーネスト・マクガイア──軍人の家系に生まれたヴァンより5歳年上のしっかり者。もう一人の主人公
ヴァン・アシリアイノ──主人公。アーネストを兄のように慕っている
ダニカ・マクガイア──アーネストの妹でヴァンとは同じ歳

中米を目指すもののジオンの侵攻にピンチに陥ります。ザクの強襲にワッパ(ファーストガンダム「時間よ、とまれ」に登場した一人乗りのホバー兵器)の掃討と、子供にとっては危険すぎる旅。
adbance121128-
そこを助けてくれたのがハビエル伍長。隊とはぐれたところで三人を見つけたらしい。こうして4人による脱出が始まるのですけどジオンとて みすみす逃してくれるわけがありません。偵察機に見つかったことから覚悟を決めます。それは子供たちを逃すためにハビエル伍長が残って足止めをする戦法。つまり死の覚悟でした──

それによってヴァンたち三人は連邦軍基地に辿り着き助かりました。が、そこで衝撃を受けます。ハビエル伍長は既に亡くなっていた! ではハビエルを演じていたのは誰だったかというとジオンのライナー・ハウプマン中尉。
adbance121128-1
ハビエルとハウプマンは砂漠の真ん中で生き残った者同士。助かるために協力しあって車を修理し、いつしか友情も芽生えていた。でもハビエルは死亡。ハウプマンを生かすために怪我を隠して修理を続けて力尽きたのだ。この行為にハウプマンは涙する。
誰かを生かすために自分が犠牲になることが必ずしも良いとは言えないが、三人の子供を助けるために今度は自分がハビエルとなって犠牲になったのでした──
adbance121128-2
それから6年後の宇宙世紀0085年12月。連邦軍士官学校にて二人はジムによる模擬戦を始めようとしていた。アーネストはひと足早く軍に入って教官助手に。ヴァンは新兵ながらも いきなり模擬戦の参加を許された期待のルーキーとして。こうして物語は動き始める… つづく
原作小説が7巻と、フォトストーリーで構成されたビジュアルブックが2巻まで出ています。だからネタばれしてもいいかな? やがてこの二人は敵対する運命にあるのです。それがエゥーゴとティターンズという、Zガンダムでの設定でね。
刻に抗いし者 1―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS) ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 ビジュアルブック Vol.1 ― 「機動戦士Zガンダム」公式外伝 (1) (DENGEKI HOBBY BOOKS)
刻に抗いし者 1―ADVANCE OF Z (DENGEKI HOBBY BOOKS)
ADVANCE OF Z 刻に抗いし者 ビジュアルブック Vol.1 ― 「機動戦士Zガンダム」公式外伝 (1)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
絵柄見たことあると思ったらomega 2-dの人か!出世したなあ
2012/11/30(金) 21:36 | URL | 名無し #yl2HcnkM[ 編集]
>それにしても電撃大王でガンダムの漫画が始まるとは思いませんでした。

過去に『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』や『機動戦士ガンダム0079』を連載してましたが。
2012/11/30(金) 21:51 | URL |    #-[ 編集]
記憶力の無さには定評がある管理人
2012/12/01(土) 21:09 | URL | 名無し #9a0Q92Lg[ 編集]
認知症と統合失調症を併発してるとしか思えんな
めだかで父親が分家と重婚してたのすら忘れてたとかやべーだろ
2012/12/02(日) 08:31 | URL | 名無し #yl2HcnkM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2680-7786da07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック