コードギアス 双貌のオズ ソキアが花形選手だったことを知らされました

oz130110
『ニュータイプエース』連載、「コードギアス 双貌のオズ」の第9話
二日連続して「双貌のオズ」になっちゃいました。昨日のうちに雑誌が買えていたらなぁ。ともかく『ニュータイプエース』今月号には「双貌のオズ」のピクチャードラマDVDが付録です。一言で言えば止め絵を見ながらのドラマCDですね。メインストーリーはマリーベルとオルドリンの幼少期からグリンダ騎士団結成までを約16分のドラマにしてありました。上の画像はボーナストラックでの一場面。プールサイドでの二人のやりとりを描いた内容です。シナリオは昨日紹介したコミックス2巻にあるので詳細はそちらをお読みください。
それと来月号から「亡国のアキト」の小説がスタートするんだそうです。DVD・BDがもうじき出るし、今度はノベルズってことなんでしょう。
oz130110-
中東方面での活躍 及び今回のクーデター鎮圧に貢献したグリンダ騎士団を祝して、ナイトメアで行う競技「KMFリーグ」のイベントが開催することになりました。KMFリーグのトップを走る「ファイアーボールズ」の5人と、グリンダ騎士団の5人とが"競技"という名の下に戦うというわけ。

このイベントにやって来たのは第5皇女のカリーヌ・ネ・ブリタニア。アニメで登場したときと同じようにイヤミを言いまくります。実は『ホビージャパン』連載のオルフェウスサイドでは既に登場している人物で、少しながら本編に関係してきます。が、ここではあくまで見学者。皇女に復帰したマリーベル(注 詳細はピクチャードラマDVDにて)に対して これでもかとイヤミの連続。怒りを堪えるオルドリン(オズ)の気持ちはわかるなぁ。ま、後にルルーシュがギアスをかけてメイドに貶めることから、それを思えば幾分かは怒りは収められるでしょう。
oz130110-1
両チーム紹介をしたらグリンダ騎士団が一人足らない。いったいどうしたんだ? いや、アイツだからこそ単独での登場だ! "クラッシャー" ソキア参上ー!!
騎士団に入る前はこのKMFリーグ「ファイアーボールズ」の花形選手だったソキアが立場を変えての凱旋参加。このような特別な登場をするのも当然の措置ですね。

この様子を軍需工廠のテレビで観ていたレオンハルトたちはズッこけるのですが思わぬ人物がやって来ました。
oz130110-2
ジノとアーニャじゃないかー! そういやジノが乗るトリスタンの試作モデルはレオンハルトが使ってるブラッドフォードだし、アーニャが乗るモルドレッドの試作機はティンクが受け取ったゼットランド。関係がある以上はここで会っても不思議じゃありません。いったい何をするのかは次回のお楽しみ。 つづく
コードギアス 双貌のオズ (2) (カドカワコミックス・エース) ニュータイプ A (エース) Vol.17 2013年 02月号 [雑誌]
コードギアス 双貌のオズ (2)   ニュータイプ A (エース) Vol.17 2013年 02月号 [雑誌]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2717-82e862ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック