「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」を観てきました

toal130223
公開初日の1回目上映で観てきました。着いたらチケット購入にスゲー行列。先行予約しておいてよかったー。グッズ売り場でもかなりの行列が出来ており、失礼だけど「禁書ってこんなに人気あったの?」と思っちゃったよ。上の写真はパンフと入場特典のラノベと、角川系の映画館のみで販売されてるはらぺこセットの特典のポストカード。容器はキャラクター絵柄ではなく通常のものそのまま、ポストカードだけが貰えるセットなのに買う人の多いこと多いこと。たぶんこのための描き下ろし絵柄なのがその理由でしょう。

映画の出だしは『少年ガンガン』連載のものそのまんま。オリオン号の事故、アリサとの出会い、魔術師たちの襲撃と続きます。キャラクター紹介や能力の紹介、学園都市とはどんな所かの説明が全く無く、原作ないしアニメを知ってる人しか受け入れられない展開です。ま、その方が今さら説明されるよりも回りくどくなくて助かるのですがね。
女の子三人の魔術が水・土・風で、これにステイルの火が加わったことでようやく魔術の四大元素を意味してたのかと気がついた次第。

これに対するは科学サイドのシャットアウラ。ステルスメカを使っての戦闘シーンはTVシリーズの比じゃありませんでした。イラストでは怖い目つきをしてるけど、実は第二のヒロインなのです。下着姿はもちろん裸も見せてくれて、最後には好きになれるんじゃないかな。
toal130223-
パンフより。『超電磁砲』のコミックスは累計500万部突破してるそうです。
以後ネタばれしない程度に。
・宇宙エレベーターを見て「あんなのあった?」ネタが本当にあったよ!
・1言2言だけしか言わないキャラ多すぎ。小萌先生、姫神、吹寄、婚后さん…。ま、出ないよりはいいか。
・一方通行がほぼ2度しか出ないのですが、2度目の登場が美味しいところを持っていきました。
・その場面で妹達が装着した"ムスメカ"も登場。さすがメカデザインが同じ明貴美加氏だけあります。どんなデザインだったかは「御坂 ムスメカ」で検索してね。
・ザクをも燃え尽きる大気圏で神裂は大丈夫なの?

最後に謎が解けて「そうだったのか」と思うこと間違いなし。その後のシャットアウラがどうなったか不明なのが残念ですけど、観終えて満足する映画でした。
とある魔術の禁書目録(11) (ガンガンコミックス)
鎌池 和馬 近木野 中哉
スクウェア・エニックス (2013-02-22)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
パンフみたら最終的にアレイスターが
レディリーを実験サンプルとして
手に入れたらしいね…
かわいそうだな
2013/02/23(土) 22:04 | URL | 名無し #-[ 編集]
今日観に行ったら来場者特典終わってました\(^o^)/10万冊すくないorz
2013/02/25(月) 20:07 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
この劇場版の新キャラは、そのうち原作でも登場しそうだな
2013/03/03(日) 21:48 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2754-eecbdb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     ◆ とある魔術の禁書目録 シリーズ   鳴護アリサと一緒の舞台に立つ御坂美琴と初春飾利。   2人ともコスチ...
2013/02/24(日) 20:56:41 | こみち