「THE IDOLM@STER」 笑顔? 涙? 響が魅せた迫真の演技とは!

idol130228
『月刊Comicレックス』連載、「THE IDOLM@STER」の第6話
先月号は番外編だったことから二ヶ月ぶり。簡単におさらいしますと響がクリスマスライナーのCMに出演することに。クリスマスイブの夜に恋人と久しぶりに会うシチュエーションなんですが、恋についてよくわからない響は雪歩や千早に訊いたりします。それでもまだわからない…ってなところで今回。つーか、前回のを貼ればいいんだよね。
 「THE IDOLM@STER」 響編に突入。恋はどう演技すればいいの?(12/12/30)

CM監督との初顔合わせ。響は演技する女の子の役柄について説明を求めるも、のらりくらりと曖昧なことばかり。どうもこの監督は台本通りにキッチリやるのではなく、感性・イマジネーションを重視するタイプのようです。だからいいと思えばすぐ終わるだろうし、ダメだと思えば何度でも撮りなおす。響にとっては手強い相手となりそうです。
恋についてまだよくわからないので撮影日までプロデューサーとみっちり練習。そして当日は深夜に街角を道路封鎖して、降雪機で雪を降らせての大掛かりなセッティングとなりました。
idol130228-
うわ~ カワイイなぁー! いつもの元気者のイメージではありません。質素、奥ゆかしいといったイメージですね。長距離恋愛をしている主人公(響)はクリスマスイブの夜に長距離バス「クリスマスライナー」で上京。雪の降る中、なかなか恋人はやって来ないものの ようやく姿を見せた。そこで響は──にっこり微笑む、という演技をするのですが監督は納得いきません。テイク2、テイク3…と撮影は繰り返されてテイク14で小休止。
idol130228-1
さすがにお疲れの響。プロデューサーは温かい缶入り紅茶でねぎらいます。励まされて主人公の設定を いま一度思い返す。遠距離恋愛で会えない彼氏…会える日をずっと楽しみにしてた。全然知らない土地で自分ひとりになってしまったらどうだろう、皆と はなれ離れになってしまったら…と思ったら自然と涙が出てきました。
そしてテイク15。今までと全く違う姿を見せた、いや、魅せたのです。
idol130228-2
それは笑顔ではなく泣き顔でした。本当に会いたい人に会えたとき、出るのは笑顔ではなく涙だと響は結論づけたのです。これに監督は納得。ようやく撮影終了となるのでした。ただし監督はこれが恋を演技ではなかった(寂しくて泣いただけ)ことを見抜いていたようで、今度はそうしろとつぶやきます。気に入られたようなので来年また機会が来るかもしれませんよ!?
ちなみに「かなさんどー」とは「愛してる」「愛しい」との意味。これをキーワード検索したところ、響とプロデューサーとの素晴らしいssがありました。この絵をイメージして読んでみてください。
 響「『かなさんどー』の意味はね……」

特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス) ぷちます!(5)オリジナルアニメDVD付き限定版
特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)
ぷちます!(5)オリジナルアニメDVD付き限定版
アイドルマスター2 The world is all one!!(3) (DC) *三冊全て3月27日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分、ポニーテール萌えでしたが、どうやらポニーテールじゃなくてもよかったようです…。
2013/03/05(火) 00:19 | URL | 名無し #3bMWT0Oo[ 編集]
響ぃーオレだー!
2013/03/11(月) 15:32 | URL | 名無し #-[ 編集]
アニメの響回のリベンジ掛けて、
REXでムチャクチャ頑張ってくれてて良かった。

元気一杯で純粋でどこか垢抜けてなくて 自然体で、まあ平たく言えば子供っぽくもある響ですが、実は女の子としてのポテンシャルは物凄く高いです。

響Pの一人としては、この仕事は感涙ものです。どんな髪でももちろん愛せますが、なんとも可憐な美少女になっちゃって、ああもう嬉しい!普段元気過ぎて手が付けられない子供に、お父さんお母さんがおめかしさせて喜ぶ気持ちが解りますw

アイマス全キャラに共通して言える事は、ふたつの時点で可愛いという点です。ひとつは理想の女の子、もうひとつは理想の娘です。響は可愛いなーと思わせつつ、どこか父性もくすぐるから困る。
磨けばこんなに輝いちゃうのだから凄い原石な訳ですが、本人は今日もそんな事はよくわからないまま、ただ一生懸命お仕事して、喜んだり慌てたり涙ぐんだりして素直な表情で周りをホッコリさせているのでしょう。こういう響を見る時の目は、なんか娘を見る目になってしまいますね。

あー、響の頭ナデナデしてぇーw
2015/05/21(木) 09:43 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2759-085a56b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック