翠星のガルガンティア 第1話~第2話先行上映イベントに行ってきた

gargan130302
4月から放送予定の「翠星のガルガンティア」。その第1話~第2話先行上映イベントが今日・明日と全国4会場で行われる(た)ので、名古屋のに行ってきました。東京では既に2月9日に行われたようですからもう見た人も居ることでしょうね。
上のは会場で貰った&買ったもの。左はフリーペーパー、中央はクリアファイル、右は冬コミで売っていたらしいファーストファンブックです。
過去では とらのあな やゲマズなどで1話の無料上映があっても、有料で・映画館で・声優が出演しての上映というのは珍しい。今後はこういうプロモーションが頻繁にあるかも?

で、あまりネタばれしない程度に1話。前半が宇宙戦、後半が地球に落ちてから。宇宙戦はスゲーよ! CGだからこそ出来る、規則正しい編隊飛行は圧巻。近年の宇宙戦といったらマクロスFが上げられますが、それとは違うベクトルの凄さがあり「是非見て欲しい」と言いたい。それと一転するのが地球。エキゾチックでありながらどこか懐かしさが感じられる雰囲気がイイですねー。こっちはCGではなく"手描き"といったイメージ。地球人の前に現れるレドとチェインバーは、レイズナーにおけるエイジとレイを焼き直したように思えました。
1話はオープニング無しだけどエンディングにOP曲「この世界は僕らを待っていた」(茅原実里)が流れます。

2話はちゃんとOPとED「空とキミのメッセージ」(ChouCho)が流れます。1話のEDはただ黒いバックにテロップが下から上に流れたのに対し、2話(から)は止め絵をバックにテロップが流れる仕様。
言葉が通じないレドとエイミー。それをチェインバーが通訳しながらコミュニケーションを取り始めます。トークショウによるとチェインバー役の杉田智和さんは結構アドリブを放り込んでくるようで、レド役の石川界人さんは大変みたい。
レドの世界とエイミーの世界は文明の差が開きすぎているのは勿論、考え方も当然ながら違います。後半で海賊が攻めて来るのですが、ここでレドが取った行動にエイミーがショックを受けるのは致し方ないこと。とはいえレド、それはあんまりだよ…
gargan130302-
これで終わりかと思ったら3話のダイジェストもありました。海賊団のこの人が攻めて来ます。ラケージと言うのですが女性をはべらせておくなどの趣味があるみたい。楽しみが増えました。
イベントの最後で名古屋での放送が中京テレビだと発表。って、大阪会場でも読売テレビと発表したみたいですね。公式に追加してありますから。ということは、明日の博多と札幌でもどの局が放送するのか発表することでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2760-ab58ae15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック