ULTRAMAN 2巻 宇宙人による新たな脅威に立ち向かう進次郎

ultraman130305
『月刊ヒーローズ』連載、「ULTRAMAN」の2巻です。
ウルトラマンが地球を去って40年。早田(ハヤタ)隊員の息子・進次郎がウルトラマンスーツを着る…というか装着して戦うストーリー。1巻では状況を読者もあまり知らないまま読んでた感がありました。それでも早田や井出やスペシウム光線が出てきたことによる"懐かし感"で お腹いっぱいになれたものです。
今回も新たなる人物・諸星が登場。短髪に特徴あるメガネから、あの人をではないかと思われますけどまだ不明。当作品がウルトラマンの続編としている以上、酷似しているだけで済ます可能性もありますね。

でも2巻となるとさすがに現状が見えてきます。それを説明するのが1巻ラストに登場したゼットン星人(ケムール人じゃないぞ。マスクを前後逆にしただけなんだけどね)。そう、ウルトラマンを倒した最強の怪獣・ゼットンを作った宇宙人です。あれから40年間、どうして宇宙人や怪獣の侵略が起きなくなったのかが語られます。
しかしこの平和もいつまで保てるかわからない。その為の抑止力として進次郎、君がウルトラマンになってくれと告げられる──

だけど進次郎にとっては気が重い。とりあえずスーツを装着して人命救助や犯人確保に協力して名を売る日々。戦うばかりがお仕事じゃありませんからね。この活躍に目を付けたのはアイドルの佐山レナ。父がウルトラマン好きなこともあって気になる存在みたい。
この二人が突然 邂逅することになろうとは!
ultraman130305-
小学生すらもを捕食していた凶悪宇宙人と対峙して逆上した進次郎。人目もはばからず街中で戦いを始めてしまいます。そこで問われる自分の存在意義。どうしてオレは戦うんだ?
 それはアナタがウルトラマンだからでしょう!?
レナからの言葉に答えを見つけます。人を助けるには力が必要。オレはその力を持っているからには使うべきだと。まだ自信を持って言えないけれど、この漫画を進めるからにはこの言葉が聞きたかった!
 俺はウルトラマンだ!!
わー、かつてウルトラマンごっこをして遊んだ人ならこんなセリフ言ってみたいよね。この言葉で進次郎は本当に主人公になったと思います。

ウルトラマンといったらカラータイマー。活動時間が少なくなると赤く点滅し始めるやつね。その描写を生かす方法がこれまた見事なんです。"こんなこともあろうかと"と もったいぶって出す奥の手があります。ここではスーツのリミッター解除がソレ。今まで放出する力を抑えてたけど、リミッター解除によって力を限界まで引き出せるようになる。でもこれをしたら数分しか持たない。それを承知で解除する進次郎。胸のランプが赤く点滅し始める!
ultraman130305-1
これは危険信号なんかじゃない─アンタを全力で倒すっていう合図だッ
ピンチはチャンスと言うけれど、この一撃に全てを賭けるというシチュエーションがいいじゃないですかー。普通に生活していく上で全てを賭けるなんてこと滅多にないけど、憧れるところがありますねー。

ウルトラマンを知ってる人なら(って知らない人など居ないでしょうが)是非手にして欲しい。どこかで見た・感じた・憧れた思い出が蘇ると思うので。
ULTRAMAN 2 (ヒーローズコミックス) ULTRAMAN(1) (ヒーローズコミックス)
 ULTRAMAN 2     ULTRAMAN(1)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
後継組織MACの隊長……じゃないんですね。松葉杖をついてないし、40年間も怪獣宇宙人がなかったんじゃ。
2013/03/07(木) 23:15 | URL |   #-[ 編集]
巨大化戦闘が無かったり初代ウルトラマン以降の諸々が
無かったことになってたりするのがチョット複雑な所、ですね……
2013/05/12(日) 17:22 | URL | 流浪牙 #-[ 編集]
モロボシダンは既存の地球人との融合じゃなくてセブンが化身した姿だから、ifダンじゃないんですよね。
何者?
まぁ40年の時間経過はさておき。
2013/05/16(木) 20:38 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2763-0b838e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
座カラー脱毛口コミについて
2013/07/02(火) 20:31:35 | 脱毛口コミ