コードギアス 双貌のオズ 競技の最中にまたしてもテロが勃発

oz130309
『ニュータイプエース』連載、「コードギアス 双貌のオズ」の第11話
グリンダ騎士団とファイアーボールズとのエキシビジョンマッチが始まった。開始早々にオルドリン(オズ)は相手チームのエース・サンドラを撃破。そのお返しとばかりに今度はオズが三機がかりの攻撃に遭って腕を喪失。共にダメージは深刻で、両者ピットインとなりました。

ピットインの最中に使用している機体・ブライウェンについて語るオズ。グラズゴーよりレスポンスは敏感。何より軍用とは違い軽装すぎて防御に回ると不利。だから人馬一体よろしく、より人機一体が求められると。
このことから前にこの機体に乗っていたソキアはコクピット外の状況判断に優れており、だからこそCRS(戦闘ストレス反応─戦いに恐怖を感じて動けなくなってしまうこと)になってしまったと予想する。"クラッシャーソキア"の異名は仲間を助けたいがために動いていたからだったのですね。

上の画像はそのソキアが、かつてのチームメイトであり同じ施設で育ったステフを倒した場面。手の内は知っているハズなのに倒されたのは、指揮官であるマリーベルが一枚上だからと判断。そりゃ一時は王族でなくなったところから努力で復帰した苦労人ですから、並みのお飾り的な人とは違いますからね。
oz130309-
しかしソキアをスープレックスで倒したのはサブリーダーのジェイミー! ナイトメアでレスリングをやるなんて相当複雑な操縦をしないとダメでしょ? さすが競技用といったところか。ちなみにこれで100試合連続してクラッシュする偉業?を達成した模様。大歓声に包まれるのも当然か。

ここまで白熱した試合展開を見せるのですが、思いがけない事態が発生します。
oz130309-1
またしてもテロ事件が勃発! 競技場内に置かれたコンテナ内にテロリストたちのナイトメアが隠してあったのです。首謀者のアレクセイは警備騎士団の一員。そんな中枢機関にまで反シャルルの主義者が居たとは驚きです。
当然ながら試合は中断。マリーベルを処刑すると宣告します。場内には第一皇子であるオデュッセウスも居たのですけど無視かよwww

相手は軍用、しかも銃装備に対して こちらには銃は無く軽装甲でパワーも低い。断然不利であるものの、だからといってみすみすマリーベルを殺させるわけにはいきません。剣を持って立ち向かうオズ!
oz130309-2
さぁ、そこで第5皇女のカリーヌにまさかの出番が。こんなこともあろうかとと、試験型のランスロットを持ち込んでいたのです。もっともこれは専属騎士であるダスコ(『ホビージャパン』連載の「SIDE:オルフェウス」で登場しています)用に持ってきたものの、怪我をして入院中。ならばここはオズに託すしかないでしょう!
アニメではもっぱら"嫌な女"だったカリーヌですが、ここは名誉挽回のためにも活躍に期待します。 つづく
コードギアス 双貌のオズ (2) (カドカワコミックス・エース)
東條 チカ
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-01-09)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ナナリーは一貫して無能だったけど、
カリーヌは才能あるように書かれてるな~
2013/03/10(日) 17:52 | URL | 名無しさん #yl2HcnkM[ 編集]
ランスロットはじゃじゃ馬だった

ラウンズですら手こずったランスロットを乗りこなせるスザクの凄さ……オズのグレイスも機体性能を落としてどうにか乗っている状態ですし……。


エリア11に行ったら紅蓮弐式が居ますからねぇ……。


2013/03/18(月) 18:42 | URL | 名無しさん@ニュース2ch #MvmWVHOA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2766-7fa20e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック