この中に1人、妹がいる! 4巻 いつも厳しい凛香さんが大胆に脱ぐんです

kononaka130323
『月刊コミックアライブ』連載、「この中に1人、妹がいる!」の4巻です。
レビューしたのは最初の1・2巻だっけ? 3巻は飛ばして4巻のレビュー。というのも好きなキャラ・凛香さんが今回の主役ですから。
つーか、今回いつもより脱げ場が多いので二重で嬉しいわ!

冒頭は3巻から続きの、嵯峨良センパイのメイド喫茶の建て直しから。開店前から店前に人だかりが出来ているのでお客かと思ったら、ゴシップ誌に載った将悟の記事が目当てでした。だけどピンチはチャンスと切り替えて宣伝したことより、結果的に客足が増えて成功を収めます。その際の呼び込みで
 世界最先端の萌え文化をその肌で感じ取れ! 乗るしかない このビッグウェーブに!
と、どこぞのモヒカンの人のセリフが出たので笑っちゃいました。

心乃枝・雅・嵯峨良センパイと、妹と思われる子は登場しても真相は相変わらずわからないまま。ならばここは遺伝子レベルで調べるしかないと、衣楠の勧めもあってDNA鑑定をすることに。でもこれって体液が必要なんだよねー。
kononaka130323-
すなわち尿です。いや、愛液血液でもいいんですけど手軽に採取できるとなれば尿でしょ。その妄想シーンが上の二人。恥ずかし気なところがいいじゃないですかー。正直に話してみて心乃枝は即OK。この子だったらどんな無理な注文でも二つ返事で引き受けてくれる気がするな! それに吊られる形で雅も渋々ながら了解してくれました。こうして採取に成功し結果は後にわかるのですが、その時はその時でまた別の問題が出てくることに…。

さぁお待ちかね、凛香さんのターンです。生徒会副会長である凛香さんは、生徒会長の愛菜さん以上に規律に厳しい お人柄。なのでいつも女の子とイチャイチャしてる(ように見えている)将悟のことがあまり気に入らない様子。
kononaka130323-1
だったら私の魅力でたらしこむ教育させてみせるというのが この画像。凛々しい凛香さんがこんなこと考えてたなんて将悟がうらやましいわ。私だったら絶対落ちるね。いや、落ちます、落とさせてください、凛香さんのためならば!

学園の規律を正すため風紀委員を設立し、ビシビシと取り締まり始める凛香さん。これに生徒たちは反発して、愛菜さんとの間もギクシャクし始めます。それを取り持つべく二人を遊園地に誘った将悟はいいけれど、ここでもまたエッチイベントが発生。3ページに渡りポロリがありますからこれは実際に読んでみましょう。

いつも厳しい凛香さんだけれど、その裏では戦略結婚をしなければならない運命を背負ってました。いや、その運命だからこそ、しっかりしなければならないという気持ちが自分を厳しくさせていたのかもしれません。プレッシャーに押し潰されて将悟の胸で泣く場面。"カワイイ"としか言いようがありません。ってゆーか、泣かれちゃ男として何とかしたいと思うのは当然のことだよな!? それが一番上の「俺と恋人となろう」という場面に繋がります。恋人であると偽装して婚約を破談させようというわけ。これを凛香さんは了解するのですが、それだけでは物足りないらしい。ではこれ以上 何をするのかというと──
kononaka130323-2
既成事実を作っちゃおうと! おいおいおい、いきなり裸ワイシャツで迫っちゃうのかよ! 厳しい人だけに ひとたびタガが外れたら大胆になっちゃうんだね。
 うらやましい、うらやまし過ぎるぞ将悟は!!
ま、実際のところ別の要素が加わって破談となった凛香さん。本当の恋人ではないけれど、将悟との仲は確実に進歩したようですよ。 つづく
この中に1人、妹がいる!  4 (アライブコミックス)
もっつん* 田口一
メディアファクトリー (2013-03-23)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2777-9bceb7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック