ドラゴンズ ライデン 1巻 性的興奮で死んじゃう主人公に女の子が接近

dra130508
『ドラゴンエイジ』連載、「ドラゴンズ ライデン」の1巻です。
ラッキースケベが次々と起きてしまい、嬉しいけれど「不幸だ」とする作品は思い出しただけで数点あります。でもそれによって命の危機を迎えてしまうというのは当作品ぐらいなものでしょう。
主人公のリンタローは幼い頃に変異性多種異常症候群──略して"変多異(へんたい)症"に発病してしまう。簡単に言えば性的興奮をすると命が危ないという奇病です。これによって幼くして生涯 独身が決定してしまったのはもちろん、下手に女性に近付くことも危うくなってしまいました。

しかし武闘派の父親によって「何に対しても動じぬ心」と「いかなる状況からも脱する技」を徹底的に教えられたことで超人的な能力を得たリンタロー。手すりにぶら下がるだの、壁に密着するだの、誤った方向で女性となるべく接近しない術を身に付けたのでありました。

そんなリンタローが高校に入学。男子校だと安心してたら大間違いで、去年まで女子高だった学校でした。しかも絵に描いたように(実際 絵だけど)学校の覇権を巡ってバトルが行われる格闘系の学校。ぶっちゃけ「一騎当千」そっくりだ。
dra130508-2
一年のアヤネ、三年のキョーカ、二年のリノ。この三人が三つ巴で争っており、いま目の前ではアヤネとキョーカが戦ってる最中。もちろん戦いの中で服が破れて見えそうになっており(お約束だしね)、リンタローにとっては大ピンチ。しかもこっちに近付いてきちゃった! どうするリンタロー!?
dra130508-
習った大技を繰り出して危機を回避します。これにアヤネが興味を示して弟子入りを志願するのですが…。
ここぞというときは技を使って回避するものの、それによって興味を引く女性が増えてしまい 状況をより悪化させてしまう負のスパイラル現象が次々と。これが読者にとって最大の魅力であり笑いどころでもあります。
dra130508-1
ラッキースケベ=死 という状況をどうやってリンタローは潜り抜けるのか? 死なないためのサバイバル格闘が始まります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2816-d7eb4437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック