妄想稼業の道長さん 1巻 官能ポルノ小説を書くことになった女子中学生

mousou130526
『月刊コミックフラッパー』連載、「妄想稼業の道長さん」の1巻です。
両親に先立たれて兄妹4人だけで暮らしている道長さん一家。働き手は長男の菊之介のみ。働いてるといっても検事を目指して勉強中のフリーターなことから、安定した収入が得られてないのが現状です。小学生の蓮華と幼児の花凛を苦労させないためにも、この状況を何とかしたいと思ってるのは長女で14歳の中学生の道長 花。

そこで取った方法は小説を書いて応募すること。まだ働ける年齢じゃありませんしね。でも小説といっても普通のラノベとかじゃありません。"官能ノベル大賞"という、聞き覚えはいいけれど ぶっちゃけポルノ小説でした。結果、見事に大賞を射止めて単行本化も決定。大賞賞金に印税収入が入ることになって道長家としてはいいけれど、複雑なのは花の心境。ポルノ小説作家として暮らしていくつもりなどないからです。いや、それ以前に14歳で応募できるわけがなく、勝手に菊之介の名前を使って応募していたことから担当にバレやしないかとヒヤヒヤもの。こういった背徳感がこの後に何度も訪れ、それがこの漫画の面白さを引き立ててます。
mousou130526-
ではその背徳感その2。ポルノ小説を妹たちに見せるわけにはいきません。けれどうっかり見られてしまって"キノコ""クリ""リス"などの隠語に過剰に反応してしまうのは当然の成り行きでしょう。
mousou130526-1
背徳感その3。誰かをモデルにして書くのは一般的でしょうが、花は次回作を美人で才女の園田さんを勝手にモデルにしたことから、彼女を見るたびにイケナイ気持ちになってしまいます。
mousou130526-2
極めつけの背徳感その4。いや、この場合は恥ずかしくてたまらないってことで。花にラブレターを贈った男子が持っていたのは、花が書いた小説だった! 自分の小説が読まれてるだけで恥ずかしいというのに、この男子ときたら小説に登場する女の子のイメージが花にそっくりだというので頭を抱えてのた打ち回ることに。
いたたまれない背徳感の上に年齢がバレたらアウトな状況で、花のポルノ小説家としての人生は花を咲かせるのだろうか!?
妄想稼業の道長さん 1 (フラッパーコミックス)
志賀伯
メディアファクトリー (2013-05-23)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
女の子がやらしい体つきしてますなー
2013/06/01(土) 23:31 | URL | 名無し #-[ 編集]
パクリと言いたいんじゃないけど「桃色ヘヴン」ていう
かなり似た設定の少女マンガがあったね
志賀伯先生ならではの味つけに期待します
2013/06/17(月) 14:28 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2830-ca262c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック