アニメ「とある科学の超電磁砲S」8話の感想

toal130601
原作における5巻25話後半から28話前半までをアニメ化。連載当時のレビューは下記。
「とある科学の超電磁砲」 暗部組織『アイテム』の登場。美琴VSフレンダ!(2009年11月)
「とある科学の超電磁砲」 ハッタリ上等! フレンダの駆け引き勝負(2009年12月)

1期ではチラッと登場した暗部組織『アイテム』が本格参戦して美琴と対峙するお話でした。冒頭の黒服相手に爆弾使ったり銃を撃たれても通じない場面はアニメオリジナルの演出。そりゃ美琴と戦うからには少なからず腕前を見せておかなきゃアピールできませんからね。
原作では黒服たちを既に倒したところから始まっていて、フレンダは容赦なく骨をボキッと折っちゃってるのが強烈。アニメではさすがにそこまでやりませんでした。初披露となったアイテムのメンバーの声。まーよかったんじゃね? 特にフレンダの声はおしゃまな性格をよく表していたように思えます。滝壺の声は能登でもよかったかと。

美琴とフレンダの戦いはお互いの手の内を少しずつ見せ合いながらで緊迫感が感じられました。ああ来たからこう対抗するという駆け引きがイイネ。
toal130601-
ミジカビノ キャプリシトレバ スギチョビレ スギカシスラノ ハッパフミフミ
苦し紛れにフレンダが言った言葉。英語でもフランス語でもなくその実態は、昭和44年のパイロット万年筆のコマーシャルなんです。

最後まで仲間の秘密を割らなかったフレンダ。いや、本当は割ろうと思ったけどシビれて喋れなかっただけ。もし喋っていたら大変なことになっていた、というのが10月に起きる一件でして…早かれ遅かれフレンダはそうなる運命だったのですね…(泣)
toal130601-1
次回はいよいよ むぎのんの登場。美琴はちょっと前に一方通行とヤリあったけどレベル5と本格的にバトるのはこれが初。連載時では原作でも書かれなかったレベル5同士の戦いだっただけに燃えるものがありました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
姫神「」
2013/06/02(日) 13:49 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2835-5530c6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック