アニメ「とある科学の超電磁砲S」12話の感想

toal130629-3.jpg
この12話は原作6巻32話の後半と33話をアニメ化。掲載時のレビューは下記に。
「とある科学の超電磁砲」 "樹形図の設計者"の情報かく乱を目論む美琴(33話 2010年7月)

冒頭のロリ美琴カワイイ(ハートマーク)。この頃の気持ちを持ち続けていれば自販機を「チェイサー!」と蹴ることもなかっただろうに…。美鈴さんが作った朝食にはしっかりと旅掛さんの分がありました。この時は家に居たんだね。
眠ってる間にママが全部解決してくれたのは昔のこと。でも今はそうではない。自分の手で終わらせるしかないと"樹形図の設計者"のデータを改竄した後で破壊する決意をする美琴です。その決意の表れが原作にはない黒子への「野暮用は今日で終わり」との言葉になってます。
上の画はそんな気持ちを表した33話の一場面で左がコミックス、右が掲載時。明らかにコミックスの方がイイですね。

尺の不足分は「禁書目録」をそのまま拝借。ミサカ10032号と当麻との猫を巡るやりとり全般がソレでした。「超電磁砲」におけるミサカ10032号と猫なんて
toal130629-.jpg
たったこれだけですから! しかも素通り!!
いや、実際のところ通り過ぎたのはミサカ10031号だから別人物。なので通り過ぎて構いません。このとき見たデータを10032号が拾って猫に近付き、当麻と会ったということなんでしょう。
猫が保健所に連れて行かれるとどうなるのか心配なのに、自分が死ぬことについては無関心な10032号。ここの気持ちが変化すれば人間らしくなれるのにね。
toal130629-1.jpg
アンテナに向かう美琴は電磁力をスパイダーマンの糸のように手から発射して壁移動をやってました。先のむぎのんとの一戦では見られなかった光景だけに斬新。いや、体調が万全ならばこれぐらい普通にやれるってことか。この能力を生かして潜り込んだのはいいけれど、"樹形図の設計者"がああなってることを知って途方に暮れる美琴。自暴自棄な面も見せてしまうわけですが、「あの馬鹿」が思いがけず目の前に現れるのは今晩です。 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>たったこれだけですから! しかも素通り!!

あれは10031号の方ですよ。
美琴に拒絶され、さらに研究者たちの心無い言葉で、自分は美琴にとって忌むべき存在と思い込み、凹んでいたんですよ
だから猫に構う余裕がなかったんですね
2013/06/30(日) 18:25 | URL | 名無し #-[ 編集]
管理人さん、コミックスのカバー裏漫画を読んでないんですか?
前回美琴に拒絶されたのは10031号ですよ
大体、あの猫を無視したミサカが10032号なら、後の上条さんとのシーンが完全に矛盾しますよ
2013/06/30(日) 18:29 | URL | 名無し #-[ 編集]
前回をきちんと観てれば、美琴に拒絶された個体が10032じゃないのは明らかだろ
美琴に拒絶された直後に缶ジュース運んでやる精神的余裕なんてあるわけがない

そもそも禁書の方でも、上条が最初に会ったミサカは10032じゃないと暗示する上条と10032の会話があるし、それを前回で再現してたぞ

2013/06/30(日) 19:14 | URL | 名無し #-[ 編集]
上条と10032号は、缶ジュース運びが初対面ってのは、結構有名な話だと思ってたけどな
アニメでも強調してたし

それにしても10031号は切ないなー・・・
2013/06/30(日) 21:41 | URL | 名無し #-[ 編集]
>たったこれだけですから!

一方通行が暴れてるシーンで、上条に黒猫を投げ渡される姿が1コマ描かれてますよ
ついでに大覇星祭の見学の時もあの黒猫を連れ歩いてました
2013/07/01(月) 20:20 | URL | 名無し #-[ 編集]
まあ、ミサカネットワークで繋がってるから、美琴に拒絶された記憶は他のミサカも持ってるんだろうけどな
それでも面と向かって拒絶された10031が1番傷ついたのは疑いようがないな
だから胸の痛みを訴えたんだろうし・・・
2013/07/01(月) 20:51 | URL | 名無し #-[ 編集]
そもそも回想で研究者たちに10031号って呼ばれてるんだけどね
2013/07/05(金) 01:52 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2860-4cfeeaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック