警部銭形 第3のシナリオ編 少ない手掛かりから殺人犯に挑む銭形

zenigata130701.jpg
『ルパン三世officialマガジン』連載、「警部銭形」の"第3のシナリオ編" です。
年に1冊ペースで今回で3冊目となる「警部銭形」。帯に「銭形警部は永遠に不滅!!」だなんてあるものだからてっきり最終巻かと思ったら違いました。たぶんこれはお亡くなりになった銭形の声優・納谷悟朗さんの追悼を暗に指してるんでしょう。

今回もルパンの名を語る殺人事件が発生。それを銭形が捜査して真犯人を捕えます。そこにはアニメで見られる三枚目な要素は全く無く真剣そのもの。銭形は本当は優秀な警察官なんですよ。だけどそれを上回るルパンの天才的な犯罪により、劣って見えているだけなことを当作品で知ることができるでしょう。
全3編収録のうち表題作の「第3のシナリオ」と、2話目の「秘密」を紹介します。

・「第3のシナリオ」
時代劇俳優の笠木は演出家の伴を殺してしまう。自分が主役の番組を終了させて、若手を起用した時代劇に変更することが我慢ならなかったからだ。凶器は切れ味鋭い日本刀、ならば犯人は五右衛門?ってことで銭形が登場です。
zenigata130701-1.jpg
いやこれ、「古畑任三郎」の第1シリーズで小林稔侍が犯人だった回を思い出したよ。似たような設定だしね。犯人は雨戸を斬り捨てて侵入し伴を殺害した──と思われるけど数々の不信な点を見逃さない銭形。最後の方になって第3のシナリオが登場したことにより事件は終息へと向かいます。
・「秘密」
ネット動画の生中継で対立してるのは超能力者の橘と大学教授の安藤。橘が安藤の財布の中身を言い当てたことにより信憑性が一気に高くなりました。ただしこれはヤラセ。二人はグルだったのです。橘は安藤に弱みを握られているため従わされていました。これに我慢ならない橘はあるトリックを使って生中継中に安藤を殺害。
zenigata130701-2.jpg
この捜査に取り掛かった銭形。動画配信を何度も見直してある事に気が付きます。他にも罠を仕掛けて橘をいぶりだすのですが、橘はとんでもない行動に!
zenigata130701-3.jpg
まさかの銃撃! 地に伏せる銭形です。しかもこれをテレビ中継で「男が倒れている」と放送。事実その通りになってざわめくスタジオです。あ~ここんところも「古畑任三郎」の第1シリーズで石黒賢が超能力者役で出た回に似ているな。自分で殺しておいて「殺されてる」とはとんだマッチポンプだこと。
ま、銭形はこういう展開を予想したおかげで無事なわけですが、アニメでもあまりない死亡?シーンに驚きました。

本格推理とは言えないけれど銭形の知られざる一面が見られる数少ない作品だけに一読して損はしないでしょう。
警部銭形 第3のシナリオ編 (アクションコミックス) 警部銭形 10番街の殺人編 (アクションコミックス)
警部銭形 第3のシナリオ編 (アクションコミックス)
警部銭形 10番街の殺人編 (アクションコミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2862-74bdf25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック