アニメ「とある科学の超電磁砲S」13話の感想

toal130706.jpg
この13話は原作6巻34話の前半(というか2/3ぐらい)と37話の一部をアニメ化。掲載時のレビューは下記に。
「とある科学の超電磁砲」 自暴自棄の美琴を救うのはレベル0のあいつ(34話 2010年8月)

"樹形図の設計者"が破壊されてたことで実験を止められないと知った美琴。以前 研究所を襲ったときは正体がバレないように着替えてたけど、今回は制服のままなことから後先考えてない自暴自棄ぶりがわかります。ヤンデレっぽいところは漫画と同じでしたが、さすがに漫画ほどにはヤンデレな表情はなかったね。

当麻の出演場面及びミサカ10031号と一方通行の戦いは禁書目録そのまんま。1万回以上戦いながら一方通行の能力が判明してなかったのに、今回初めて自ら語ってくれたとは心境の変化でもあったのかしらん? 当麻が通報して帰ってきたときはキレイさっぱり片付けた後。ジョバンニ並みに仕事が速かったね。
toal130706-.jpg
ミサカ1号と戦った場面は37話から引用。実験体を処理するまで=死亡するまで戦うと聞かされて、原作の一方通行は特に表情の変化は見られません。けれどアニメになって信号待ちの場面がオリジナルで加わりました。このとき少なからず悲しげに思えたのは私だけでしょうか? 後に本当は殺したくなかったと知る上で、この場面が追加された意味が出てくるんじゃないかと思ってます。
toal130706-1.jpg
さて、次回は橋のシーン。だからこの膝枕が出てくるのが楽しみです。それ以前に12日発売(実質11日発売)の『少年ガンガン』の禁書では、大覇星祭にて当麻が美琴を押し倒すところがあるハズなのでこちらも楽しみだ。
とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray] 劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版) [Blu-ray]
とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray]
劇場版「とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」 (特装版) [Blu-ray]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2866-73695ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック