バキ外伝 拳刃 剣VS拳の対決!不利を承知で臨む独歩

kenjin130720.jpg
『月刊チャンピオンRED』連載、「バキ外伝 拳刃(けんじん)」の第2話
畳の上で向かい合う二人。一人は独歩。もう一人は佐部京一郎という剣客。独歩は佐部の演舞を見たいというのではない。その真剣をもって俺と戦えと持ちかけているのだ。たとえ絶命しようとて一切の責任は問わないという誓約書を持参して…

どうやらこの佐部という男、裏ではかなりの人間を斬り殺しているらしい。表面に出ているだけでその数は14人。これは幕末の『人斬り』として恐れられた岡田以蔵よりも多いとか。けれど佐部は知らぬ存ぜぬと上の空。ジョジョの吉良吉影と同様に、あくまで静かに暮らしたいらしい。
そこに飛んできたのはハエ。佐部は電光石火のごとく本身を抜いた!
kenjin130720-.jpg
一太刀しただけで2匹のハエを斬り落とす! それにはさすがの独歩も汗を流さずにいられないようだ。けれどこれで腕前はわかった。間違いなく一級品であることを確信した独歩はとんでもないことをしでかします。
kenjin130720-2.jpg
鼻の穴に足の指を突っ込んだー!!(笑)
なにすんじゃ コラァと本身を抜いて怒る佐部。そりゃそーだろうよ…誰だってそんなことされちゃ怒りますって。抜かせた以上 ただでは済まさぬと上段に大きく振りかぶる佐部。
kenjin130720-3.jpg
その威圧感に圧倒される独歩。拳銃との戦いでも勝利したという噂が真実だったことを知ります。けれどそうも言っちゃいられない。この刀が振り下ろされたとき、自分の命は間違いなく無くなるのだから。いったいどうすれば? 刹那の判断で貫手を畳に食い込ませて盾としました。
kenjin130720-4.jpg
刀を振り下ろすも畳の感触だけで「人を斬った」感触は無し。その間に独歩の正拳突きが畳を貫いて佐部に何発もヒットだ! 間一髪で勝利をものにしたとはいえ危なかったと振り返る独歩です。 つづく

『週刊大衆』に連載してる「KIMURA 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」のコミックスが9月に出るそうだ。しかも2冊同時で、第0巻と第1巻として売り出す模様。これは見逃せないぞ。
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2877-555ab80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック