ミリオンジョー 1巻 大人気漫画家の死を担当が隠して成りすます

million130723.jpg
『モーニング』連載、「ミリオンジョー」の1巻です。
連載当初から注目してたタイトルがようやくコミックス化ですよ! 『週刊少年グローリー』連載の「ミリオンジョー」は最新刊の初版が500万部に達し、発行部数累計は2億5000万部というメガヒットを記録。子供から大人まで誰もが注目する大人気漫画です。
その担当をしてるのが入社3年目の呉井聡市。元は漫画家を目指してたけど夢破れて編集側となりました。作者・真加田恒夫は締め切りギリギリに校了するのが常で、呉井はその日も時間に行ってみたら…
million130723-.jpg
突然お亡くなりになってました!
締め切りが近付くと心臓が痛くなると話していたのは予兆だったのだ。それを言い訳としか受け止めず、なぁなぁで済ましてきた自分を責める呉井。それだけではない。物語を未完のままで終らせたら社会的責任も負ってしまう、そうなったらネットで叩かれるのは確実で──と、余計なことまで考えてしまうのは追い詰められた心境だからこそですね。

どうしようもなく泣くしかない呉井。しかしミリオンジョーが好きというタクシーの運転手の一言が呉井の気持ちを大きく変える。待っている人のために真加田の死を隠し続けると!
million130723-1.jpg
そこにはもちろん金目当てということもあるでしょう。発行部数がそれだけあればかなりの印税が入るだろうし。さいわい真加田は極度の人嫌いのため顔を知ってるのは呉井とチーフアシスタントの寺師の二人のみ。呉井がネームを切って寺師が描けば立派な贋作が出来上がると。

そこに胡散臭い岸本という男が絡んできて3人で局面を乗り越えていこうとします。死んでることが編集長にバレるわけにいかないし、何より漫画のクオリティーを下げてニセモノだとバレるわけにもいかない。ヘマのできないサスペンスがこの漫画の魅力です。

3人の中で一番厄介なのはやはり岸本ですね。口座番号がわかったらトンズラするとか言ってるし、真加田の指を密かに切断して隠し持ってます。恐らく指紋を何らかに利用するのでしょう。外部はもちろん内部にも予断を許さない状況で呉井は上手くやっていけるのか?
million130723-3.jpg
でもやると決めた以上やるしかない。むかし刻んだ夢をいま再び。絶対に他人が描いたなんて思われない、完璧な捏造ブツをつくろうと!
ミリオンジョー(1) (モーニングKC)
市丸 いろは
講談社 (2013-07-23)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2880-3f091888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック