ブラック・ジャック創作秘話 4巻 壁村編集長は理解者だからこそ叱咤する

black130908.jpg
『別冊少年チャンピオン』に連載していた「ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~」の4巻です。
前から話の上がっていた実写スペシャルドラマが今月24日(火)に放送されます。これに合わせて少年チャンピオン42号(19日発売分)から集中連載が開始。48号はブラック・ジャックが世に出て40周年記念号になるものですから何か特集があるのは間違いないでしょう。

ドラマは手塚役に草なぎ剛、少年チャンピオン編集長・壁村役に佐藤浩市、ドラマオリジナルで昭和48年にタイムスリップする編集者・小田町役に大島優子などが出演するようです。
関西テレビ放送 開局55周年記念ドラマ 神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~
草なぎ剛に大島優子って、どう見てもこの漫画のタッチじゃないんだよな~。例えるなら"きれいなジャイアン"みたいなもの。この絵柄だからこそ味があるというのに顔が整いすぎちゃってるよ。
けれど佐藤浩市には期待大。ほとんどヤクザな強面編集長がどれだけ再現できてるのか楽しみです。赤塚不二夫(ピース又吉)も登場するようなので、さぞ叱るんでしょうね。

かつてのアシスタントや関係者などから話を聞いて再現する形態を取ってる当漫画。今回は関係者というより身内の、ご子息である手塚眞氏のエピソードが1話目にあります。漫画ではなく映像クリエイターの道を進んだ眞氏も父親に似て、物事に執拗に熱中するところがあったみたいですね。
TVアニメのブラック・ジャックの監督を引き受けた際、スタッフに向けての第一声は「みなさん!! 時間とお金は守りましょう!!」。これはアニメの為ならお金を見境なく使い、〆切りの為ならアシスタントを平気で何日も徹夜させた父親に対するアンチテーゼが込められているのです。もっともソレを知らない人にとってはポカーンな第一声だったことでしょう。
black130908-2.jpg
2話目は時代を感じるお話でした。昔、漫画は俗悪な対象として焚書(焼き捨てること)されることがあったようです。昭和25年、手塚の漫画が燃やされるのを見つめるしかなかったのは映画監督の大林宣彦氏。戦後すぐ、昭和21年に19歳で新聞漫画を描き始めた手塚を知り、「新宝島」を読んで心を躍らせた宣彦氏は手塚の影響を受けた第一世代。なのに漫画が燃やされなければならない心境は詰まるものがあったに違いありません。

後に宣彦氏は宍戸錠が演じたブラック・ジャックを撮るのですが、手塚にとっては「こんな人間いるはずない!!」とすこぶる不機嫌なものに。今で言うところのコスプレは手塚にしてみれば奇異なものに見えたんでしょうね。そういや昔の実写版アトムも番組の終わりに着ぐるみ?を脱いで撮影であることをバラしてたなぁ。
black130908-4.jpg
さぁ、メインは4話でしょう。改めてブラック・ジャックが誕生するエピソードが語られます。昭和48年、「ワンサくん」を最後に虫プロダクションが倒産。漫画も若い世代が台頭してきて手塚漫画は過去のものになりかけてました。この凋落ぶりに少年チャンピオン編集長の壁村耐三は「死に水をとる」思いで3回か4回で終る新連載を描かせます。それがブラック・ジャックでした──

その終るハズの4話目が巻頭カラーで増大30ページ。壁村はヒットの予感があってそうしたんじゃないかな。その後も終ることなく5年間続く人気作へと成長します。
壁村が初めて手塚と会ったのは1958年に「ぼくのそんごくう」の原稿を取りに行ったとき。以後 長い付き合いとなるわけですが、壁村の極めて乱暴なところが手塚にとっては新鮮だったのかもしれません。編集長はたいてい平身低頭(なイメージ)なのに壁村はズバズバとストレートにぶつけてくるからこそ裏表の無い、信用できる男だと。
black130908-3.jpg
手塚先生、逃げて~!
〆切りが守れない手塚に近付く壁村。一触即発な場面にアシスタントたちも静まり返って見守ります。ここで投げかけた言葉は某漫画家に聞かせたいね。待ってる読者をどう思ってるんだと。ってゆーか、今の編集長はこんな言葉もかけられないほどに弱い立場なのかな?

漫画家と編集長、立場は違えど良い作品を作りたい気持ちは同じ。二人の姿は人情味ある昔の日本の姿を象徴していると思えるのは言いすぎでしょうかね。
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~4 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) 手塚先生、締め切り過ぎてます! (集英社新書 490H)
ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~4 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
手塚先生、締め切り過ぎてます! (集英社新書 490H)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手塚先生は加山雄三のブラックジャックの事をどう思っていたのか知りたい。
2013/09/13(金) 20:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2921-11afae0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック