新連載「碧き青のアトポス」 沈んだ島から来たのは異形のスーツ姿の男

atopos130921.jpg
『月刊サンデーGX』新連載、「碧き青のアトポス」の第1話
「神様ドォルズ」のやまむらはじめ氏の新連載は海から来た変身ヒーロー? いや、本人の談によると「ジャンルはとりあえず「変身ヒーローもの」という把握でよろしいかと存じます」とあるものですら。ちなみにアトポスとはギリシャ語で「不特定の場所」だそうです。

海洋資源調査船が航海中に突如消息を絶った! 数日後、船は発見されても船員・調査団員の全員が消えていた… 海賊に襲われただの宇宙人によるものだの憶測が飛び交う中、調査船がようやく帰港するところから物語は始まります。

その調査会社に勤務する姉の忘れ物を届けに来たのが主人公の中学生・城原真都(しろはら まさと)。会社に着いたら同じ中学校の制服を着た美少女・宇藤かがり(うとう かがり)さんと出会います。
atopos130921-1.jpg
彼女の兄がこの船に乗っていたそうで、手掛かりを求めて来たらしい。社内調査を始めるので来てと言った矢先、水面に何やら光るものが? それは勢い良く真都たちの居る桟橋に激突! 大量の水しぶきを浴びる二人です。
何事かと思ったら、現れたのは異形のスーツを着た男でした。
atopos130921-2.jpg
その男は姉の知る、日滝灰崇(ひたき はいたか)という船員。それもあの調査船の。なぜ・どうしてここに来れたの? それ以前にそのスーツは何? 様々な訊きたいことがあるものの、腹が減ってるとのことで先ずは食事に。
その間で知ったのは以下の点です。
・スーツは武殻(ぶかく)という特殊服
・スーツの解除は脱ぐのではなく溶ける
・行方不明となった人たちは太平洋の真ん中の、大昔に沈んだ島に居る。かがりさんの兄もそこに

太平洋の真ん中って…アトランティスとかムー大陸ってこと!? まぁこんな特殊服なんだから文明が進んでるのは間違いないでしょう。そんなことを訊いてる途中でお約束と言うべきか敵の登場です。警備員をあっさり殺して日滝の前に現れます。
atopos130921-3.jpg
タイプの異なる武殻の二人組み。日滝のは"戦士の位"だから気をつけろとの会話から、武殻にも下級・上級タイプがあるようです。「貴様が持ち出した人工妖精を渡せ」と言ってますよ。
日滝とのバトルの最中、何やらカプセルらしきものが かがりさんの手に渡って光に包まれてしまいます。腹に光が集中した後に現れたのは ちっちゃい子?
atopos130921-4.jpg
なんか出たー! これが二人組みの言う人工妖精らしい。「しまった~ くっついてもた~」と意味不明。かがりさんの腹に奇妙な文様が浮かんでることに「あかん 完全に結合しとる」とも。
どうやら かがりさんに何かの力が備わったようです。たぶん武殻を纏える能力ではないかと。謎を残したまま物語は次回へと続きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
城原姉が乳乃枠
2013/09/25(水) 19:54 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2931-21ecbfeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック