劇場版『まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語』を観てきました

kancolle131026-2.jpg
朝一の上映回で観てきました。最初の40分ぐらいの魔法少女たちの活躍はテレビシリーズの焼き写し。いや、セーラー戦士やプリキュアの感覚ですね。明るい"戦う魔法少女"のイメージそのまんま。各キャラごとに変身シーンがあったのには正直笑いました。さやかのってブレイクダンスだよね? 杏子だったかフィギュアスケートのように高速回転するのはセーラームーンの必殺技・ムーンスパイラルハートアタックかと思ったよ。

しかしそこからが急を告げる展開。どこか変だと思い始めるところは「ビューティフルドリーマー」を彷彿とさせます。ここからはネタばれになりかねないので箇条書きで。
・黒幕はまさか…というかやっぱり?
・ほむほむと まみさんの銃撃戦は迫力満点。バトルシーンだけなら本編中最高でしょ
・あぁ、新キャラの正体がアレとは思わなかったわ
・感動の再会と思わせといてソレかよ
・Cパートにおけるキュゥべえの存在意義が続編への鍵なのか?

一度観ただけではわかりにくい話なので、11月9日以降の入場者プレゼントが35mmフィルムになったらまた行ってみることにします。

・『月刊コミックアライブ』の艦これポスターを手に入れた
kancolle131026-3.jpg
A1サイズに1/2000サイズで108隻の艦娘たちが載ってます。一番大きいのは当然ながら大和で、駆逐艦たちは大和の半分以下のサイズで載ってるんだよねー。できればこれは折り目のないやつで欲しいわ。
kancolle131026.jpg
それと「艦隊これくしょん いつか静かな海で」が新連載。艦これ原作プロデューサーによるオリジナルエピソードだそうで、天龍水雷戦隊の活躍を描くお話のようです。メインとなるのは天龍型1番艦 軽巡洋艦 天龍と、同2番艦 龍田みたい。球磨型3番艦 重雷装巡洋艦 北上と同4番艦の大井、駆逐艦の敷浪と綾波も居ますね。
kancolle131026-.jpg
戦いから帰還した天龍。中破ぐらいしたけれど入渠しないで黄昏てます。隻眼でこういうポーズはサマになってかっこいいな。そんなところに新兵4人(4隻)がやって来ました。
kancolle131026-1.jpg
暁型駆逐艦の響・電(いなづま)・雷(いかづち)・暁です。本日付けで天龍水雷戦隊に配属だそうで、「頼りにしてるぜ お前たち」と天龍も笑顔で歓迎。といったプロローグな今回でした。次回から本格連載だそうで楽しみです。
月刊 comic alive (コミックアライブ) 2013年 12月号 [雑誌] 艦隊これくしょん -艦これ- コミックアンソロジー 呉鎮守府編 (DNAメディアコミックス)
月刊 comic alive (コミックアライブ) 2013年 12月号 [雑誌]
艦隊これくしょん -艦これ- コミックアンソロジー 呉鎮守府編 (DNAメディアコミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2960-da5055c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック