XBLADE クロスブレイド 2巻 覚醒したハルがナナツサヤに挑む

blade07906
『月刊少年シリウス』連載、「XBLADE クロスブレイド」2巻が発売されました。
イダタツヒコ氏が以前描いた「ブレイド」を、士貴智志氏が4年後の設定にして独自の世界観で受け継いだ作品です。

日光東照宮から持ち出された刀・真名。これを持ち出したナナツサヤと呼ばれる組織と、奪い返そうとする政府組織の葵機関。この争いに巻き込まれた少年・ハルが偶然にも真名を手にしたとき、刀は一人の少女になった。
ここにハルと真名の運命的な出会いと波乱な戦いが始まる──

ハルと真名の同居も長くは続かなかった。ナナツサヤの一人が真名を奪いに来たのだ。それを退けたのは同じナナツサヤでありながら東照宮から真名を持ち出した張本人であり、ハルと真名の出会いに立ち会った不二丸。
blade07906-
不二丸の化粧応身刀は少女が石化した体内から出現する
4年前の東京崩壊からただ一人生還したハル。そのことが真名を目覚めさせた原因だと考え、独自の判断で真名の居場所を黙っているらしい。
「早く強くなれ 時間はないぞ」
この言葉がハルの気持ちを揺さぶる。

数日後、二人は封鎖されている東京第十三区に向かう。真名は「あの人」を探しに、ハルは自分の居場所を求めに。そこへ葵機関とナナツサヤがやってきた。この戦いの中でハルは過去何度か体験した奇妙な感覚に襲われる。4年前の東京で味わった苦痛と恐怖…何かを見たとき、ハルは覚醒した
blade07906-1
ハルに応じて真名が化粧応身刀となる。これには真名自身が驚いた。
「馬鹿な!! 「あの人」以外の男のためになど──!」「まさか──「あの人」が…!?」
応身刀を持ったハルは別人のよう。ナナツサヤの二人はたちまち倒されてしまう。
blade07906-2
徐々に明らかになっていくハルの過去と真名の「あの人」の謎。いったい4年前の東京で何が起こったのか、それは近いうちに明らかになるかもしれない。

六ヶ月ぶりの第2巻目。私は士貴智志氏の描く女性が好きなので注目しています。それにしても「アイ~風と水のダフネ~」の続巻は永遠に出ないのだろうか?
 <過去記事>
XBLADE クロスブレイド 1巻 少年と刀の少女[真名]との出会い(3/24)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
お、二巻出ましたか。
早く買いにいこっと。
前作「BLADE」・・・というより「外道の書」連載のころからファンです。
2007/09/07(金) 08:54 | URL | say*3 #04TC9TxI[ 編集]
>say*3さん
外道の書ってかなり前ですよね。あまり覚えてません。
2007/09/09(日) 00:10 | URL | ビート #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/298-180206a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最新美容コスメ情報局より最新情報をお届け!きっかけは不死身のアイツ。(18の夏)さ、さくさく行くよ過去話(≧▽≦) 過去の話すんのってさ、なんか照れるよね〜(今更;) 卒業アルバムを友達に見せるのくらい照れる。 でも
2007/09/07(金) 08:53:16 | 最新美容コスメ情報局