死神様と4人の彼女 1巻 死神から逃れるため4股恋愛をするはめに!

shinigami131122.jpg
『月刊ガンガンJOKER』連載、「死神様と4人の彼女」の1巻です。
面白れぇー! ここまで人にオススメしたい漫画は久しぶりだ。ありえない展開が積み重なってラブコメあり、エッチ展開あり、サスペンス要素も加わって一気に読めてしまいました。

主人公は中二の水無口 薫(みなぐち かおる)。特筆することは何も無い、運動はダメで特技も無く帰宅部という平凡な中学生。友達もおらず、恋人なんてとてもとても。
しいて言うなら少女マンガ好きか。いつも少女マンガを読んでおり、ハーレム展開よりも一人の女の子だけを愛する純愛に憧れを持っていた。
でも、ふと我にかえる薫。オレこんなんでいいのか? これって「非リア充」って言うんじゃ…
shinigami131122-1.jpg
と思ったらこんな風に話しかけてきた女の子が登場。なにこの子、やけに馴れ馴れしいんだけど──と思いつつ訊かれたことに答えます。まさか僕に気があるんじゃ…と淡い期待をするのは当然の流れでしょう。ところがここからとんでもない事態に発展することに!
shinigami131122-2.jpg
いきなり腹にグサッと! エエェェ(´Д`)ェェエエ
マジで驚いたよ。ここまで読んでて普通のラブコメものと思ってましたから。実は彼女、愛離(あいり)は死神でした。非リア充は世の中の役には立たない。リア充の道を確保するためにも非リア充は排除すべきとの考えでなのです。
薄れゆく意識の中で薫は思う。リア充になりたかった。これから リア充になったかもしれないというのに…。

これを聞いた愛離は殺すのを止めた。これからリア充になる人は殺してはいけないという規則があるからです。命を取りとめたとはいえ リア充になるところを見せなければ今度こそ殺されてしまうだろう。いったいどうすれば…薫が思いついた手段は一つ。知ってる女の子にラブレターを出してOKをもらうことでした。
今どきラブレターかよ。そんな上手い具合に返事をくれるわけが…あったよ!
shinigami131122-3
しかも4人! 下手な鉄砲 数打ちゃ当たると4人にラブレターを出したら、4人ともOKという とってもラッキーマンなことになってしまいました。
小早川ゆい──新人アイドルで校内の知名度・人気度 共にナンバー1
海飼リサ──同じクラスの学級委員長。冷静沈着で男女問わず信頼されている
大河原エミリ──金持ちお嬢様。可憐なルックスのとりこになる男子多数
沢渡あおい──水泳部のエース。明るい性格から男女共に人気が高い

ものの見事にタイプ別に分かれてますな。これはこれでラッキー! リア充になったのだから死神とオサラバだと思ったらとんでもない。もし4股してることがバレたら非リア充に逆戻り! たちまち殺されてしまうのは明白です。
こうして愛離が去るまでの三ヶ月間、女の子4人と上手く交際して決して4股がバレてはいけない命がけの恋愛が始まったのでありましたー。

付き合うことになる女の子たちがこれまた意外というか予想外な面を見せるのですよ。
shinigami131122-7.jpg
ちょwww 委員長がイキナリ性欲の話を訊いてきましたよ。真面目に見えてけっこう"好きもの"だったのね。カワイイと言われて真っ赤になるところは見ていてホンワカしちゃったよ。
shinigami131122-6.jpg
一方、アイドルの ゆいはドSの変態さんでした。相手が嫌がってる、痛がってる姿を見るのが大好きなんです。女の子同士が鉢合わせして「バレたー!」と思ったら何らかの理由でセーフ! となるのは刃森尊や加瀬あつしの漫画を見るようだ。

ラブコメというよりサスペンスな話の展開はもちろん、女の子の魅せる場面もしっかり描かれていて楽しめます。続きが早く読みたいぞ。
死神様と4人の彼女 (1) (ガンガンコミックスJOKER)
死神様と4人の彼女 (1) (ガンガンコミックスJOKER)
死神様と4人の彼女1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)  [Kindle版]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
学校のせんせい描いてた人が原作やってるのかと思ったら微妙に違ってた
2013/11/23(土) 21:01 | URL | 名無し #0M8gSwyE[ 編集]
ボクッ娘の出番が少ない…
二巻に期待する
2013/11/24(日) 12:32 | URL | あ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/2985-843cee9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック