デストロ246 3巻限定版には約80ページのカラーイラスト集&しおり付き

destro131219-2.jpg
『月刊サンデーGX』連載、「デストロ246」3巻の限定版です。
殺し屋や893の娘など、怖い女子高生ばかりが登場する当作品。3巻にして初めて限定版が発売されたので買ってみました。ギンギラギンのメタルフレーム調なパッケージになっており(一番上のやつね)、中には3巻はもちろんとして「高橋慶太郎イラストアーカイブブック」というイラスト集(左)と、ギンギラなクリアしおり3枚(右)が付属。このしおりは切り離す必要があるけど使う人なんているの?
destro131219-3.jpg
イラスト集には「デストロ246」のカラーイラストはもちろんのこと、過去作品の「ヨルムンガンド」「オーディナリー±」なども収録。一番多いのはやはり「ヨルムンガンド」で、コミックス全巻のイラストやアニメのDVDパッケージなどはほぼ全て収録してると思われます。上の画像は『サンデーGX』の表紙に使われたものです。
destro131219-5.jpg
またラノベ「隣のドッペルさん」に使ったイラストや、トレカ用に描いたもの、同人誌用のものなども収録。上のはトレカ用のと、TYPE-MOONのパンフ用のイラストです。約80ページにも渡るイラスト集ですから見応え充分ですわ。
destro131219.jpg
さて、3巻はこの二人の対決がメイン。右のメガネっ娘が893の娘である苺で、南天と蓮華という2人の屈強なボディガード(共に苺の同級生)が付いてます。左は せつなと言って 苺とは幼なじみであり売春の元締めをやってる協力者。マリアというこれまた強いボディガードが付いてます。最初に書いたけど当作品はこんな怖い女子高生ばかりですから。
せつなが裏切って苺のシマをぶん捕ろうと画策。密かに計画を進めるもバレてしまうわけですよ。
destro131219-.jpg
しかし苺は動じない。そこが格の違いであり、それを認めてしまう せつなといった展開になります。今回も人が虫のように死んでいきます。つーか、主要人物以外って脳みそあるの? まるで人形のようにほとんど無抵抗のまま死んでいく姿は無機質すぎてキモチワルイのですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こいつらも結構なワルなのに
伊万里の情報を仕入れられない
点で伊万里の闇の深さがヤバイ。
初遭遇で狩ろうと思えば狩れたし。
2013/12/20(金) 13:53 | URL | まるまん #SFo5/nok[ 編集]
JKが強いとか、人殺しとかいう
設定はどうでもいいけど、このご時勢に
ヤクザ礼賛はねえだろという感じ。
2014/01/12(日) 11:49 | URL | ふろ~ずん みっくすじゃむ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3012-a094c10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック