バキ外伝 創面 3巻 真面目なギャグという見方がこの漫画に相応しい

kizu140113.jpg
『別冊少年チャンピオン』に連載していた「バキ外伝 創面(きずづら)」の3巻です。
現在は「第1部完結」として連載を中断中。これが本当に中断なのか、それとも終了なのかはわかりません。もし再開するとしたら…バキが再開するという桜の季節に何らかの告知があるのでは?

さて、花山が15歳当時の学園生活を描いているこの漫画。全6話収録してあり いずれも花山の懐の大きさ、というか有無を言わさぬ人間性が強調されてます。一言で語るとすれば「戦わずして勝つ」ってやつ? 無口な花山の行動に圧倒されて、否応なしに認めざるを得ない状況になってしまうのですよ。
ただ、本人は至って真面目なんだけどかえってギャグに見えてしまうところが大きな特徴。11時限目は巌の存在そのものがギャグであり、更に花山が輪をかけてギャグと思える行動を示します。また13時限目の体力測定では投げては場外、懸垂させては鉄棒が壊れるという規格外の現象も ある意味ギャグと言えますね。
その中で3話をピックアップします。
・10時限目 偉丈夫
花山が転入してくる以前の倉鷲高校では有下零務という3年生が番を張っていた。過失致死により年少に入れられていたものの出所。帰ってきたら花山がトップの座に鎮座していることに憤慨して戦いになるという展開です。3巻唯一の戦いで、戦いに至るまでの場の盛り上げが上手いです。「伝説VS伝説」の結果はいかに!
kizu140113-1.jpg
顔面を掴んでからの叩きつけ一発で撃破! え? たったそれだけ!? ものすごくあっさりした決着がギャグですわ。零務は強いだろうけど花山はそれ以上に強かったから瞬殺。これこそ有無を言わさぬ花山の風格でしょう。

・14時限目 愛犬
いつも芳賀にパシリをさせられている いじめられっ子・田部井の復讐劇。この田部井のモデルはどう見てもお笑いの「ザブングル」の加藤。こいつがライオンにも似ているチベット原産の超大型犬 チベタン・マスティフを使って芳賀を襲おうとします。そのチベタン・マスティフをネットで調べたら
kizu140113-5.jpg
こんな画像が! これ犬ですよ!? 虎をも倒すと言われているそうで、この画像からしたら充分 納得してしまいます。芳賀に向かって牙をむくチベタン・マスティフの前に現れたのは花山でした。
kizu140113-2.jpg
虎をも倒すと言われているけれど花山の前では猫も同然。絶対王者の前では服従するしかなく、腹を見せて丸くなってしまったとさ! この後の田部井が心配だけどそこは花山が芳賀に話をつけてくれるものと信じてます。

・15時限目 勉強の後
2巻冒頭の勉強の話が再び。花山組の定例会議が終ってやれやれと思っても花山の心中は気が気でなかった。木崎に「組長」と呼ばれて"ビクッ"とするのが二度。明らかに何かに怯えてます。
kizu140113-3.jpg
それは通知表でした。さすがの花山もここでは 借りてきた猫。木崎の前に頭が上がりません。「旅に出たい」と言い出すなんて、よほど思い詰めたんでしょうね。バキ本編では全く見られなかったことだけにかえって人間性が垣間見えていいんじゃないでしょうか。最後は泣けるオチになってることだし。
この3巻で男・花山の別の一面を味わってください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
え?これも連載中断してんの・・・?
まあバキ新章に全力注いでるとポジティブに考えとくか
2014/01/15(水) 01:26 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3033-9014979a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
脱毛口コミから人気脱毛サロンを集めた口コミ天国
2014/03/22(土) 10:49:39 | 人気脱毛サロン口コミ