今日のケルベロス 1巻 ケルベロスの少女・クロがやって来た

kelbe140126.jpg
web漫画『ガンガンNET』連載、「今日のケルベロス」の1巻です。
むかし『少年サンデー』で「アーティスト アクロ」を連載してた桜井亜都氏の最新作。当時から可愛らしい女の子を描いてましたけどそれは今でも健在です。

7歳の頃、いじめられていた子犬を助けた御門千明。助けたのはいいけれど、それは3つの首を持ったケルベロスだった! 恐怖に怯える子犬(ただしケルベロス)は千明を噛んでしまい、それは呪いとなって「楽しい」と思う気持ちが欠けてしまう…
時は流れて15歳になった千明。楽しい気持ちが欠けていることから人付き合いが少なく、友達なんて居やしません。むしろそれが普通とさえ思ってます。
そんな千明の前に現れたのが"第1ケルベロス"と名乗るクロという少女だった!

はい、罪滅ぼしのような格好で千明を守るためにやってきたクロです。守るとは必然的に魔物のこと。心が欠けていることから魔物に狙われやすいんですね。
kelbe140126-3.jpg
むろん当初はそんなことを信じない千明ですけど、実際に襲われてしまい親身になって守ってくれたクロに心を許していくといった展開です。クロは元気者だけれどおっちょこちょいなところがあって、また気持ちいい音楽が流れると寝てしまうところがあります。こんなことで千明を守れるのか? いえいえ、そこがケルベロスなんです。
kelbe140126-2.jpg
ゲッターロボじゃないけれど"第1ケルベロス"を名乗っているということは第2と第3もあるわけで、それが上の画像の彼女たち。右が勝気なシロガネで、左がおっとりとした性格でヒーラー能力を持っているロゼ。通常はクロなんですがシッポがスイッチとなって(または感情の昂ぶりによって)シロガネやロゼに変身?するというわけ。戦闘ならシロガネに任せておけばまず問題ありません。怪我をしたらロゼの出番といった感じ。千明を噛んだのは実はロゼで、そのことを戒めとして特殊なマスクを装着してます。これが外れたときは何かが起きる展開があって然るべきでしょうね。

ラブコメという点ではよく見るものですがタイプ別に好きなタイプを選べることではそうは無いでしょう。シロガネがパンツを見られて恥ずかしくなった顔は意外といいかも?
今日のケルベロス (1) (ガンガンコミックス)
今日のケルベロス (1) (ガンガンコミックス)
今日のケルベロス1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一粒で3度おいしい多重人格
2014/01/29(水) 21:06 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3043-81b06626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック