「艦隊これくしょん side:金剛」 高雄たちの救援に抜錨する金剛支援艦隊

kancolle140410.jpg
『コンプティーク』連載、「艦隊これくしょん -艦これ- side:金剛」の第6話
えー、復帰しました! これというのも対処法を書き込んでくださった方々のおかげです。本当にありがとうございました。やはりブログパーツにそのようなのが入っていたのが原因なんですけど、最近入れたものではなく前からあったものだったことに驚きです。色々やった結果、左側がスッキリしすぎな気がしますけど(笑)まぁ慣れということで。
復帰作は「side:金剛」になりました。「咲-Saki-」と「UQ HOLDER!」は今回分はお休みさせていただきます。

前回、当作品に初登場だった島風ちゃん。高雄・天龍たちと威力偵察に出かけたのは今回の布石だったのですね。その遠征先にて大規模な深海棲艦の泊地を見つけました。自分たちの手に余る敵数なことから、増援を依頼する連絡係に島風が任されます。自慢の足の速さの見せどころというわけだね。
島風を往かせるべく囮となって立ちはだかった高雄たち。最初のうちは順調だったものの轟音に響く発射音と巨大な水柱によって状況は一変する…
kancolle140410-.jpg
それは見たことのない巨大で異形な深海棲艦──泊地棲鬼でした。非常に強力な砲によって高雄たちの安否は不明。島風も砲撃を受けてしまいます。

ボロボロになって帰還した島風は状況報告と共に緊急の救援を依頼するものの、そのような敵に対抗できる艦隊の編成には最低でも一週間はかかるという。そんなっ! 一分一秒を争うというのにそんな悠長に待っていられるわけがありません。部屋の外では艦娘たちが"巨大な敵"について話してます。
 大きいって高雄よりも? ちとちよ(千歳・千代田)よりもか!? ま…まさか武蔵より…
おや? 誰か意味を取り違えているような? それはこの艦娘でした。
kancolle140410-1.jpg
やっぱ龍驤かよ! まな板・ペタンコと言われてるだけに"巨大"なものには反応してしまうようです。
話を元に戻しましょう。今こうしてる間にも危機的状況にある高雄たち。彼女たちの顔を思い出しながら泣きながら出撃を依頼する島風ちゃん。
 もう…いたずらとかしません… ちゃんと言うことを聞きます… だから…
その言葉 二言は無いネー!?
部屋の扉がバンッと開いて入ってきたのは金剛。それだけではない。提督との電話も繋がってました。
kancolle140410-2.jpg
もう いたずらはしない──この約束を引き合いとして提督命令として金剛たちとの出撃が許されました。提督としても普段のいたずら癖を何とかしたいと思っていたんでしょうな。
こうして金剛・比叡・島風による3人(3隻)の「金剛支援艦隊」が結成されて高雄たちの救援に向かうことに。果たして間に合うのか? それ以前に泊地棲鬼とはどう立ち向かうのか? 来月はコミックス作業のために休みだそうで再開は二ヵ月後となります。 つづく
ねんどろいどぷち2体付限定版 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女 (1) (電撃コミックスNEXT)
ねんどろいどぷち2体付限定版 艦隊これくしょん -艦これ- 島風 つむじ風の少女 (1) *10月27日発売
艦隊これくしょん ‐艦これ‐ side:金剛 (1) 限定版 *5月26日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
復帰なされて良かったです。
2014/04/11(金) 03:39 | URL | 名無し #-[ 編集]
ふむ敵は戦艦級ですね
2014/04/12(土) 03:07 | URL | NAKATA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3107-049341e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック