ストライクウィッチーズ 紅の魔女たち 果たしてドミニカは504部隊に入れるのか?

kurenai140412.jpg
『コンプティーク』連載、「ストライクウィッチーズ 紅の魔女たち」の第3話
時代としてはアニメ一期終了後なのが当作品。501が解散したので後釜な意味として作られたのが504なわけです。新設間もなくて物資や資材はまだ搬送中。よって基地内はガランとしているらしく赤ズボン隊はちょっと不満気みたい。ただ、醇子ちゃんは本国から職人を呼んで扶桑式の浴場を作らせました。これというのも読者サービス、いや、隊員の福利厚生と士気高揚を思っての行動です。

とはいえドッリオ隊長を含めてまだウィッチが5人しかいないのはさすがに手狭。醇子ちゃんは補充要員を進言しますけど隊長の考えはちょっと違う。
   面白いやつじゃないと入れたくない!
…なんという思考の持ち主だろう。技術・能力を差し置いて面白さを第一に考えてるなんて。「大丈夫なのかしら この部隊…」と醇子ちゃんは不安を隠しきれません。
そこに来たのがドミニカですよ!
kurenai140412-.jpg
M字開脚をしながらね! いやこれはアクシデント。輸送機の離陸とすれ違ってライディングしてきたけれど、そこに今 下ろしたのだろう資材が置いてあって激突してしまったわけだ。大きな音に駆けつけた赤ズボン隊。今日からやっかいになるドミニカだと言われても、正式な辞令がなければ受け付けられないのは明白です。
kurenai140412-1.jpg
ドッリオ隊長にも入隊希望なことを伝えるも、「私が気に入るかどうかの面白主義」と言い張ってやはり受け付けません。って普通そうだろうよ。いきなり来られたって都合があるんだしね。
そこへ都合よく、実に都合よくネウロイが現れました。しかも単機の小型哨戒機。まるで「撃ち落とせば格好のアピールになるよー」と言ってるとしか思えません!
だったらやってやろうじゃん! ドミニカは静かに構えます。
kurenai140412-2.jpg
背中に取り付けたホルダーから銃を引き抜き、矢継ぎ早に三発発射! 全てが命中して哨戒機は墜落したのでありました。使った銃はコルト製のM1917リボルバー。45口径の大型銃を苦もなく使いこなすとはさすがです。
この腕前に隊長は満足して入隊を認めます。晴れてドミニカとジェーンが加わったことでようやく適正な人員確保となった504部隊。正式な活動はこれからです。 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お気づきであろうか?リボルバーで落とした時、魔法力を使っていないことに

通常兵器でネウロイを撃破することは困難である、という設定は何だったのか
2014/04/14(月) 19:32 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3109-eff4cbfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック