氷の女王、ときめくる。 1巻 大好きな幼馴染みと再会したアイドルの不埒な日常

koori140424.jpg
『コミックヘヴン』連載、「氷の女王、ときめくる。」の1巻です。
佐野タカシ氏はアダルト系な漫画家なのでそんな描写を期待しつつ読んでみました。確かにそういった描写はあるものの控え目で、むしろ萌え描写に重点を置いてあるのが特徴になってます。
大人気の三人組アイドルグループ「MONSTER娘。」(略して モン娘。)のセンターを務める氷室翼。コードネームは「シヴァ」。"氷の女王"と呼ばれているだけにクールな性格がウリなんです!
koori140424-5.jpg
こんな具合に。そりゃ周囲が凍りつくわけだね。実際のところ こういうキャラ作りをしてるんですけど、アイドルになった理由は大好きな幼馴染みの玄太に逢いたいがため。有名になれば見つけてくれるだろうと踏んで、キャラ作りをしてまでもアイドルになったわけです。
そんなシヴァ様が芸能科のある高校に編入してきました。そこで偶然にも玄太と再会! このことで彼女の頭は恥ずかしいやら妄想するやらでとんでもないことに。
koori140424-4.jpg
クールな状態とのギャプが激しくて、これにギャップ萌えですよ! 長い間 思い続けた人と再会できた喜びで理性がトびやすくなってしまったようです。この気持ちが昂(たかぶ)ってくると我慢できずにトイレに直行!
koori140424-1.jpg
まぁなんだ、自分で慰めてしまうわけだね。以後、この繰り返しです。ほぼ毎回、何らかの理由で玄太への気持ちが昂ってトイレなどで慰めてしまうという。
とにかくシヴァ様の頭は玄太のことで常に一杯。玄太がライブに来てくれないからとアイドル辞める宣言をしたり(後に撤回)、玄太が生徒会の仕事で忙しいと知るや自分も学年委員になったりと、玄太なしではいられない日常なんです。では玄太本人はどうかというと…どうなんでしょうね? そこのところの描写があまりないのでわかりません。けれどここまで思われているのだから良い返事をしてやってよ!
氷の女王、ときめくる。(1) (ニチブンコミックス)
佐野 タカシ
日本文芸社 (2014-04-19)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3119-6296f456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック