宇宙戦艦ヤマト2199 緋眼のエース 玲と篠原は気になる関係に?そして…

yamato140430.jpg
『月刊コミックブレイド』連載、「宇宙戦艦ヤマト2199 緋眼のエース」の第6話後編
アニメの18話部分をやっていて篠原がワープゲートに単身偵察に出ようとするところ。状況偵察とマゼラン側ゲートの確認をたった3時間でやらなければならず、もし遅れたら帰還を待たずしてヤマトは発進するという。これに玲は抗議するも「篠原は納得済み」として加藤は受け付けない。そもそも篠原が志願したのは玲を行かせたくなかったから…。篠原が希望したコールサインは「ソード・スリー」。これは篠原の同僚であり玲の兄だった山本明生のものでした。明生の思いも引き継いで篠原は一人、ゲートの中へ!

その間、玲は歯がゆい思いで落ち着きません。ただ待つしかないのですから。そんな玲にアドバイスをくれたのが主計科の平田さん。何も出来ないわけでない、お前がここに残った理由があるハズだと。今まで玲に大したことをしてなかった平田さん、この一言が玲に大きな喚起を促すことに!

偵察がバレて急いで逃げ帰る篠原。攻撃を受けて機体は破損しヘルメットにはヒビが。玲が言った「偵察機は戻ってくるまでが任務」が頭をよぎるものの、追撃機に追われてるからにはこのままヤマトの居場所を知らせるわけにはいきません。
yamato140430-1.jpg
ヤマトに偵察結果を報告したあと「どう考えても帰投できそうにない」と通信を終えるのでした。迫る追撃機! これまでかと覚悟を決めた篠原です。が! 追撃機が突如爆発しましたよ!?
yamato140430-2.jpg
それは玲のコスモ・ゼロ。「お前がここに残った理由があるハズ」と問われて偵察がバレたら敵が追ってくるに違いないと踏み、あらかじめ待機してたわけですね。待っていたのは玲だけではなく航空隊も全機出撃。全員で出迎えたというのはアニメと全く違う内容で、この方がむしろ感動できていいんじゃないでしょうか。
yamato140430-3.jpg
負傷しながらも無事に帰還した篠原。それを見舞う玲。アニメでは特に進展のなかった二人ですけど少なくともここではいい雰囲気になってます。
ところがここからが怒涛の展開なんですよ!!
  この後ヤマトはワープゲートに突入する
  ガミラスの大艦隊を突破し大マゼラン星雲に到達
  数多の激戦を経て
  ヤマトがイスカンダルから持ち帰ったコスモリバースシステムによって

yamato140430-4.jpg
はァーーッ? はァーーーーーッ?
食蜂さんじゃないけど はァーーッ? って言っちゃうよ! これで終わり??
最終決戦の場面を全く見せることなくこれで最終回ときたもんだ! あまりのアッけなさに言葉が出ないよ。認めたくないけど打ち切りと言われても返す言葉がありません。推測ですが東まゆみさんの健康面に不安があって長く続けられなかったのでは? せめて劇場版を上映するまで連載が続けばもうちょっと丁寧に描けたと思いますがね。
全1巻となるコミックスは6月10日発売。カラー原稿は全て収録とかあるみたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
タイアップとかコミカライズとかは最初から全何話と決まってる場合が多いみたいですが
それにしても残念な短命

コミックが売れれば再開もあり得る?
2014/05/01(木) 11:59 | URL | 名無し #-[ 編集]
爆笑www
2014/05/02(金) 17:20 | URL | 名無し #-[ 編集]
まるで旧ヤマトの最終回のようだ
2014/05/06(火) 19:46 | URL | 名無し #Sts9A5QI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3126-e9fb09ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック