「THE IDOLM@STER」 響のカレー作りに興味津々な貴音

idol140601.jpg
『月刊Comicレックス』連載、「THE IDOLM@STER」の第16話 四条貴音編2の後編
7月26日にコミックス3巻が出ます。同時発売の特装版には劇場版の入場特典になったコミックス0巻の漫画と、「ミリオンスターズ」のエピソードを収録した小冊子が付くようです。コミックス0巻の漫画は下記記事で紹介してるので参考ください。
 劇場版アイドルマスターを観てきました

オフの日に響と出会い、晩ご飯がカレーと聞いてどうしても食べたくなった貴音は(半ば強制的に)お呼ばれしてもらいます。ただしヘビが苦手なので ヘビ香(名前)だけは別室行き。こうして部屋に迎えられた貴音を前に9匹ものペットたちはさぞ大騒ぎ…しませんよ? あまりのおとなしさに不思議に思う響ですが、動物たちにとって貴音は後光が射したように見えていたみたい。さすがお姫さまキャラだけありますわ。

カレーの味は百人百様、家庭によって様々な味がある。私は響の作ったカレーが食べたいんだと並ならぬこだわりがあるようだ。だからといって全く手伝わないわけにもいかず、慣れぬ手つきで包丁を握ってみるのですが…
idol140601-.jpg
あら カワイイ! ゲロゲロキッチンで料理はそこそこできるのは知ってたけどやはりあまり得意でないみたいです。響はタマネギを大量に使うそうで切っていたら目から涙が。
idol140601-2.jpg
そこで教えてもらった涙の出ない方法。割り箸を噛みながら切ると涙が出ないそうです。調べてみたら本当のことなので興味ある人は試してみよう。
大量のタマネギをじっくり炒めてローストし、カレールーは市販の3種を混ぜて使う。後は隠し味にチョコやインスタントコーヒーを入れるなど、響のカレーは"なんて面妖な"カレーと思われたみたい。本当ならもっと長時間煮込みたいけれど貴音が待ちきれないようなので今回はこの辺で。さて、お味は?
idol140601-3.jpg
気に入ってくれたようで響も一安心。けれど「響の味がします」と言われて変な意味に聞えると、赤くなるのは当然か。ホントはカレーは二日目が美味しいんだと何気なく口にしたら貴音が黙っていられません! 「今晩 泊まらせていただく」と、たったそれだけの理由でお泊りがケッテーイ。となるとまさか…?
idol140601-4.jpg
お風呂タイムに突入~。赤くなる響と「いいではないか」な貴音。当漫画はそうお風呂シーンは無いけれど、2キャラ同時は珍しいなぁ。最後はヘビ香と遭遇し、失神KO負けとなってしまったとさ。 つづく

なんか今回は全編に渡りギャグテイスト。こんなの珍しいや。いつもは「ちょっといい話」を盛り込んでるものなんだけどね。次号は休み。再開は7月26日発売の9月号です。
特装版 THE IDOLM@STER (3) *7月26日発売
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3151-71ba492e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック