警部銭形 砂の城編 ルパンの犯行と偽装した事件を銭形が解決す

zeni140605.jpg
『ルパン三世officialマガジン』連載、「警部銭形 砂の城編」です。
「警部銭形」もこれで4冊目。1話完結の推理ものは手軽に楽しめるので過去の3冊全てレビューしてたりします。よってご存知の人も居るとは思いますが知らない人のために念のため。

銭形を主人公にした推理ものでルパンは全く出てきません。「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」のように犯人が最初に事件を起こして、それを銭形が解決に導いていきます。こういったやり方は倒叙(とうじょ)物・倒叙型と言うようですね。
犯人は何かしらを理由に殺人を犯してそれをルパンの仕業と見せかける。ルパンの事件となったら銭形が登場するわけですが、捜査を進めていくうちにルパンの犯行と見せかけた事件だと判明して犯人を徐々に追い詰めていく…。アニメではルパンにしてやられるドジな面ばかりが際立っているけど、ここでの銭形は渋くてクール! 実は極めて優秀な能力を身につけていることを思い知らされますよ。

全3話のうち最初に収録してある「道」を紹介しましょう。元総合格闘家の柴崎は借金の返済と大きなイベント資金を稼ぐために賭け試合に手を染めていた。フリーライターの小日向はそれを知って記事にしようとするも、柴崎は口封じののために殺してしまう。更にそれをルパンの秘密を探っていて殺されたと偽装し、そこで銭形の登場となるわけです。
小日向のアパートの部屋のドアは壊されて、取材資料と思われるものはゴッソリ無くなっていた。確かにツジツマは合いそうだけどあるものが決定的に違~う!
zeni140605-1.jpg
大金庫の扉を簡単に開けてしまうルパンなのに、なぜアパートのドアを破壊したんだ? あんなアパートの鍵さえ開けられないルパン三世など存在しない、と。こうして偽装であることがわかり、柴崎が真犯人だと狙いを定めて捜査を絞り込んでいきます。
zeni140605-2.jpg
最後は命がけで物的証拠を掴み逮捕へ。銭形のたび重なる捜査が身を結びました。
前述しましたが1話完結となってるのでお手軽感覚が私にはピッタリ。何話も続くものだと見逃したらわからなくなってしまいますし。アニメと全く違う銭形をご堪能ください。
警部銭形 砂の城編 (アクションコミックス)
岡田 鯛 モンキー パンチ
双葉社 (2014-05-28)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3154-4bf8f16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック