HUNTER×HUNTER No.342 ビヨンドと十二支んは暗黒大陸へ

hunter140609.jpg
ハンター協会へ自ら出頭してきたビヨンド。V5から「狩(ハント)」指令が出るのは想定済みだったようだ。けれどこの出頭はハンター協会をムリヤリにでも土俵に上げて、暗黒大陸へと向かう最速の手段でした。
 「オレは解放され 十二支んはオレと共に暗黒大陸を目指す事になる!!」
ビヨンドが放ったこの言葉通りに物事が進むことに…

今回はセリフが多い説明回なので簡潔にまとめます。
・我々の世界は暗黒大陸中央にある巨大湖メビウスの中に過ぎない
・人類は過去に149回 暗黒大陸に渡航した中で、帰還生存者が確認されてるのは5回で合計28名。現在で存命なのはビヨンドのみ(不死の病 ゾバエ病にかかった者は人間と認められていない)
・その5回とも「案内人」の協力を得たときのもの。つまり「案内人」無しで生還した者はいない
・生還した28名で日常生活に戻れた者は3名のみ
 そのうち二人はネテロとビヨンドに間違いない。ならばあと一人は? ナニカ(ガス生命体 アイ)がアルカに憑りついてるからにはゾルディック家の誰かではないだろうか?

V5の代表者にこういったプレゼンをしてるのは前回登場した許可庁の新人。新人にこのような大役を任せるなんて上司はどうかしてない? ま、新人だからこそミスしたらさっさと足を切りやすいってことかもね。
このままカキンの暴走を許したらV5は面目が立たないし、新たな厄災を持ち込みかねない。とはいえまだ見ぬ資源や新発見があったらむざむざ渡してしまうわけで、それも嫌だ!
そういった思惑の解決をサッチョウが簡単に説明してくれました。
hunter140609-.jpg
つまりV5をカキン帝国を加えたV6にしてカキンの渡航を認める。リターンは均等に6等分。ビヨンドはハンター協会(十二支ん)に見張らせるってわけね。また一般の移民者は暗黒大陸に連れて行くわけでなく、限界海境線付近の無人島に偽って移民させる模様。さすがに生存確率が低いと分かってるだけにそうさせるんでしょう。カキンとしては移民のための渡航費用が稼げればいいわけだし。

ともかくビヨンドの監視役として暗黒大陸に一緒に行くことになった十二支ん。けれどこれは戦いでもあります。今度はゲルの説明でどーぞ。
hunter140609-1.jpg
ナルホドネー。ビヨンドがずっと監視下に置かれてるわけがなく逃亡を図るのは間違いない。仲間も居ることだし。未知の大陸で何が起きるかわからない中でこれらの対策と、ネテロの指令である厄災の解決もしなければならないことから十二支んはとても過酷な任務になることでしょう。
hunter140609-2.jpg
そしてこのふたりが輸送船内で対峙。パリストンは5000体の兵隊を世界中、もしくはハンター協会に送り込むつもりだったらしい。「ビヨンドの挑発に応じれば世界に」「応じなければハンター協会に」の意味がわからないです。どのみち解き放つのならそれはもうテロ事件じゃねーの?
ところで暗黒大陸にゴンも行くことになると勝手に予想してます。ってか主人公が行かないわけがないよね? だったら船が出るあたりで登場して欲しいなぁ。 つづく
劇場版HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION- [Blu-ray]
バップ (2014-07-23)
売り上げランキング: 1,012
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>「ビヨンドの挑発に応じれば世界に」「応じなければハンター協会に」の意味がわからないです。

>「ビヨンドの挑発に応じれば世界に」
→キメラに対応させて逃げやすくする為(V6になる→命令としてハンター協会に対応させる)
>「応じなければハンター協会に」
→直接潰す為(反対勢力を潰す→そのまま自由に暗黒大陸へ)

すっごい簡潔にですがこう解釈しました。
2014/06/10(火) 09:15 | URL | 名無し #-[ 編集]
先に行くのはキルアとアルカで、ゴンは後追いになりそう
2014/06/10(火) 11:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
あれ500体のキメラじゃなかったっけ?つまらんことだけど

私も一番の上の人のイメージはだいたい一緒
2014/06/10(火) 16:00 | URL | 名無し #-[ 編集]
5000だよ馬鹿
2014/06/15(日) 16:23 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3158-069ea5ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック