マージナル・オペレーション 2巻 少年兵の存在に愕然とするアラタ

operat140624.jpg
『アフタヌーン』連載、「マージナル・オペレーション」の2巻です。
30歳でニートとなったアラタは給料のいい民間軍事会社に入社。やる仕事といえばパソコンのモニターに表示される戦闘シミュレーションゲームを操作することだった。何の苦もなく仕事を続けるアラタでしたが、やがてそれは本物の戦闘作戦を指揮していると知りショックする。
operat140624-.jpg
自分の命令で敵兵の命はもちろん、民間人の命をも奪いかねない"モニター越しの戦争"に苦悩する日々。でも奪う命があれば救う命もあるはずだと自分に言い聞かせて今日もアラタは仕事を続ける──
1巻の導入部は過去記事をご覧ください。
 マージナル・オペレーション 1巻 モニター越しの戦闘は現実とリンクする

この2巻からは訓練キャンプを終了して実地であるキャンプモリソンへ。ここで後のシリーズにも関わってくる少女兵のジブリールや戦闘員のオマル、アラタの才能にいち早く気が付くマネージャーのランソンたちと出会うことになります。
アラタとオマルとの出会い、というか会話はやはり作戦行動中から。オマルの部隊が襲われて難を逃れるも、アラタからの指令は敵キャンプ地の捜索。
operat140624-1.jpg
無理とも言える命令を連発することに反発のオマル。けれど「僕は貴方達の味方だ」とするアラタの言葉を信じて命令を実行していきます。そんなオマルに応えるべくアラタも上司を説得して、思いもしない支援を得ることに成功。犠牲を増やすことなく敵兵の殲滅を成し遂げるのでした。

アラタはオマルと会話こそすれど会ったことはありません。ましてオマルと一緒に戦っていた戦闘員のことなど知る由もなし。けれど直接会ってみて声を失うアラタ──
operat140624-2.jpg
アラタを「(上空から見下ろす)イヌワシのようでした」と礼をするジブリール。ここで初めて戦っていたのは少年兵だと知り愕然とします。少年兵たちは囮として扱われて半数まで減っており、このような扱いは間違っていると強く念じるアラタ。またこれはオマルとて同じこと。この思いが後に少年兵たちを解放する行為へと繋がるわけですが、そこまで行くにはまだちょっとかかります。
この第2巻を一言で表すなら「負の連鎖は終らない」。アラタの枕を高くして眠れる日はまだ遠いようです。
マージナル・オペレーション(2) (アフタヌーンKC)
キムラ ダイスケ
講談社 (2014-06-23)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3170-7d7f0631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック