激マン! マジンガーZの章 仮面ライダーの影響でバイク案がボツになる

geki140731.jpg
『週刊漫画ゴラク』連載、「激マン! ~マジンガーZの章~」の第5話
マジンガーのストーリーを想像する激。しかしアニメはまだ本決まりになったわけではない。それどころか連載する雑誌もまだ決まったわけでないのだ。何しろ少年週刊誌に同時に4本連載している現状で、新たに連載など絶対に無理。何かを終らせなければマジンガーは始められない…
そう考えた中でハレンチ学園の終了を考えます。編集の意向で第2部・第3部と続けてるけれど、自分の中では"ハレンチ戦争"で終了している。オレ自身が既に飽きているので何としても止めたいと、マネージャーに伝えます。
これが通ってハレンチ学園は72年の41号で終了。翌42号からマジンガーは始まることになるのでした。

東映動画の有馬氏から困ったことが起きたと連絡が。主人公がバイクに乗るのは絶対にダメだと東映本社から圧力がかかったというのだ。バイクはマジンガーの操縦席にもなる重要な鍵だというのにどうしてダメなのかというと…
geki140731-.jpg
仮面ライダーの影響でダメなんだと! ライダーは前年の71年から始まった特撮番組。14話から変身ポーズをとるだけで変身できるようになったことにより「変身!」の掛け声は当時の子供たちの流行語となりました。私ももちろんその一人でしたけどね! 同時期に始まった「帰ってきたウルトラマン」の影響もあってこの72年は第二次特撮ブームの真っ只中の状況だったんですよ。

そんな状態でライダーと同じくバイクに乗る主人公は東映テレビ部の本部長が許しませんでした。実際、ポストライダーな立場で4月から始まった「超人バロム・1」はバイクには乗らずマッハロッドという車に乗ってます。ともかくバイクはダメなので代替案で考えたのが…アレでした。
geki140731-1.jpg
新しい案など簡単に浮かばないと思ったらけっこう簡単に浮かんだようです。これが一ヶ月に何百ページと描ける漫画家のイマジネーションなんですかね。マジンガーの頭にドッキングするホバーパイルダーはこのような出来事から作られたのですね。

そして舞台は漫画の中へ。地震に心配した甲児が家に戻ってみたら庭が陥没。そこで見たのは地下の秘密の実験場でした。中を探っているうちに巨大ロボットを発見。それこそクロガネの城・マジンガーZだったのです。
鉄骨の下敷きになっていた祖父の十蔵博士は息も絶え絶えに告げる。両親を実験で死なせてしまった罪ほろぼしにこのロボットをやろう。神となり人類を救うことも! 悪魔となり世界を滅ぼすことも可能じゃ!
geki140731-2.jpg
上が連載時、下が今回のもの。十蔵博士の狂気じみた迫力が段違いにアップしました。孫に巨大ロボを一方的に押し付ける格好で他界してしまうとは、マッドサイエンティストそのものと言えるかもしれません。
こうしてマジンガーを手にすることになった甲児の運命は──次回は一ヵ月半後の9月12日発売号から隔週連載として再スタートだそうだ。デビルマンの章でも後半はそうなったので予想はしてましたよ。個人的に「極!!男塾」と同じ号にならずに交互に掲載して欲しいなーっと。 つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昔から父さんの影響でマジンガーに興味を持っていて、学校帰りにたまたま近所の古本屋で原作マジンガーを手に入れた後、この連載がスタートしたからなんとも今年はそういったとしなんかな〜と心の中で思った
2014/08/10(日) 18:40 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3203-35e8daa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック