刃牙道 2巻 仏作って魂入れず! 武蔵に魂を注入せし者

baki140808.jpg
『週刊少年チャンピオン』連載、「刃牙道」の2巻です。
刃牙とオーガとの史上最大の親子喧嘩から一年あまり。名立たる格闘家の誰もが退屈していた。アレを見てしまったからには物事全てがつまらなく思えるからだ。
鎬紅葉はベンチプレスの最大値を持ち上げたり100mを全力疾走してるのに出るのはアクビ
愚地独歩は極寒の身の凍える山中で滝に打たれていても出るのはアクビ
ジャック・ハンマーは骨延長手術を再び受けて激痛に耐えていながらも出るのはアクビ
まるでアクビのシンクロニティ現象! こんな日常に耐えられなくなった花山はご老公に頼んである男と戦うことに。
baki140808-3.jpg
オーガだ! かつて一方的にやられトラウマが残るほどのダメージを負いながらもなぜ再び挑むのだ!? それはやはりアクビが原因。あの日オーガに負けて味わった苦痛と屈辱よりも、現在の"退屈"は何物にも勝る激痛だから!
こうしてメインストーリーとは別に二人の戦いが始まろうとします。そんな中でオーガにサインをねだる少年が居て、これはイメージをぶち壊すインパクト大な出来事ですよ。

で、武蔵の方。該当年齢32歳6ヶ月にて"出産"に成功。どうしてその年齢なんですかね? 二十歳台ならもうちょい速さが増すと思うのですが。こうして生まれたはいいけれど、一向に目を覚ましません。脈拍や体温などは問題ないものの、脳波計には全く反応を示さないのだ。研究者たちが討論を続ける中で徳川の爺さんは語る。「仏作って魂入れず」と。そこで登場するのが爺さんの姉であり霊能力者の徳川寒子さんです。
baki140808-2.jpg
この寒子さんがスゴイのなんの、死者の魂はもちろんのこと、生きている人の魂だって呼び寄せてしまいます。そんな人が武蔵の魂を呼び寄せるということで科学者たちはさぞ大喜び…しません。そりゃそーだ、急に霊だの言われたところで本気に出来るわけがありませんから。

でもちょっと待てよ! 科学者たちにしたってこのまま目覚めたところでそれが「本物の武蔵」だと言えるのかい? ここに居るのはクローンで作られたものであって当時の本人ではない。記憶や感情までも持ち合わせてないハズだ。そこでもって目覚めたところでソレは武蔵ではなく、武蔵の姿をした別人である可能性が高いんじゃないのかよ!?
そこを取り持つのが霊媒師である寒子さん。驚くべき手段によって武蔵の魂を注入することに成功するのですよ。
baki140808-4.jpg
こうして目覚めた武蔵! 400年ぶりに目覚めたところで斬るのはいったい? いよいよ武蔵が動き出します。
刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)
刃牙道 2 (少年チャンピオン・コミックス)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beatarai.blog90.fc2.com/tb.php/3209-a64fa09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック